HOME < PRO STAFF BLOG < 最新池原系情報

title

【F.INOUE】 七色ガイド!
皆さん、どうもこんにちは!
池原ガイドサービス“BOTTOM CONTACT”の井上 太です。

さて、今回は11日(Thu)に行った七色ダム湖でのガイドの模様をお伝えしたい!と思います。

まずは、ガイド前日の10日のプラでの状態では・・・
好天候に恵まれ続けていたG,W以降、久しぶりのまとまった雨日が続いていた為(※2日間で50ミリ程度)、フレッシュウォーターの流入による変化を期待して望んだ前日プラではあったのだったが、思いの他、川筋の上流域がささ濁る等の大した変化も無く、水位も減水傾向にあった。

恐らく、G,W中には30℃近くまで上昇していた夏日の影響で、山&谷がスポンジ状態!?
になっていて大した流入にまでは至らなかったのであろうと判断していた。

今回のガイドゲストさんの要望としては・・・
ネストサイトに関する事が主な要望で『魚の見付け方などを教えて欲しい!』との事だった。
幸い、この際のタイミングとしては、数日間の減水傾向(下げ潮的な)が続いていた為、有利な条件ではあったのだが、如何せん、現在の七色ダム湖のコンディションとしては水質に問題があって、池原ダム湖からの放水が原因で濁りの影響は慢性化している状態だった。

それでも、Ts-On周辺から北山川上流域をメインとして魚(ネスト絡みの)を探し回っては、数こそは非常に少ないものの、ストックして当日を迎えた。

ガイド当日、朝のスタート時点からサイトフィッシングには大敵な嫌な風が既に吹いていた。
それでも、ガイドスタートし始め、Ts-On周辺にて45cmクラスを直ぐにキャッチして頂けた。

その後、北山川上流域へ移動しサイトを行うも、昨日にストックしておいたネストの数箇所はメスの姿が無くなっており、オスのみになってしまっていた。

ただ、このエリアは非常に人気が高く、平日でも入れ替わり立ち代りのアングラーがひっきりなしに入って来るのですが、それだけのバスのストック量も、他のエリアと比較しても圧倒的にポテンシャルが高かった。

昨日から気付いていた事としては・・・
全てのバスが産卵に絡んでいる訳では決して無くて、純粋に餌(稚アユ)を捕食し続けている固体も数多い!との事だった。
45~50cmクラスのコンディションのバスも数多く回遊している。

そして、このエリアで快進撃が始まったのが、"リップライザー130フローティングモデル”だった。
48cmを筆頭に×ほぼ40cm前後のサイズで8尾!?の釣果にゲストは大満足!




午後からの後半戦(15~18時)でも同エリアに戻っては見たが、同じ様な爆発力は再現出来ず、その辺りを回遊して来る見えバスを相手にサイトフィッシング、40cm前後を5~6尾追加に成功!
そのサイトの立役者は、三原虫(40ミリ)だった。

この日、夕刻ギリギリまで粘って50cmクラスのネストフィッシングも行ったが、止まない風の影響に
妨害されながら、タイムアップとなった。

『今回、ガイドゲストの長谷川さん(京都府)お疲れさまでした!またのお越しを!
そして今回、僕と同じボートをガイドのボート(InterSepter14ft/30ps)として提供して頂いた、
Rental Boat Shop Ts-On URL http://www.ts-on.jp に感謝です!』

この日の主旨でもあったサイトフィッシングで仕留めたメスバスです!


それでは、また!



-CM-
☆ガイドに関するお問い合わせは・・・
 -池原Guide Service-“BOTTOM CONTACT” 井上 太 
  ※お一人さま限定Guide ¥25.000-(8時間枠)

   『初心者の方、大歓迎!ですので、お気軽に!!朝&夕の2部制も可能!(平日のみプラン)』

  お問い合わせ先:Guideの詳細は、
  電話:090-4909-3887 もしくは、
  メール:bottom-contact@docomo.ne.jp 迄

 

 

TOP OF THIS PAGE