HOME < PRO STAFF BLOG < 三原直之のエースを目指せ!


        

title

ジンクスミニ大爆発中!!!
こんにちは!三原直之です!
デビュー戦も終了し、ホームレイクの東条湖に帰ってきています!
実は、福岡遠征前から東条湖は春爆中!!
ホントに爆釣しています!!

その中で圧倒的に釣れているのが「ジンクスミニ」なのです。
イマカツフィールドスタッフの佐々木さんが52、49、46、37cmをジンクスミニとハドルスイマーで春爆!


東条湖で4本6550gは有り得ない釣果!
大会中ならもちろんレコード!
ジンクスミニの本当の凄さを思い知りました。

東条湖という難しいフィールドと難易度が高い魚達を知り尽くしているからこそ、この記録が如何に凄いものかがわかるんです。
そしてジンクスミニが只者じゃないルアーであることも。

早速、僕も佐々木さんにジンクスミニのスピナーベイト術を教わって、グッドサイズを捕獲!!


またまた、さらに先日開催された東条湖ウィンターリーグでも優勝者と3位の方がジンクスミニという圧倒的釣果!!!


このルアー、本当に凄すぎます。。

春先にスピナーベイトが効くのは定番的の話。
東条湖でも古くから定番とされる釣り方でした。
ですが、定番であるが故に皆が投げるので、あんなギラギラした金属的ルアーではスレるのも早くてなかなか釣れないのも事実。
そこでスピナーベイトの中でも最も波動が弱いジンクスミニが爆発するのです。

スピナーベイトが効くというのは、本能的だったりパターン的な話であって、食う食わないは人的プレッシャーの話。

そこで、波動が弱くスレにくいスピナーベイトを投げることによってバイト率が極端に上がってるのではないかと考えています。
実際に釣果が上がってるのもジンクスミニのシルバーブレード系で、ゴールドのハイアピールよりもシルバーの控えめなアピール力がよく釣れてる要因にもなっているのではないかと思います。


春爆!という良い噂を聞きつけ、春はとくに定番とされるフィールドに人が多く集まる季節。
春は赤などのハイアピールカラーが効果的ですが、プレッシャーを考慮して波動もカラーも弱くしてみると釣果が伸びるかもしれませんよ。

タックルは、ついに発売となったトムアディクトのTMA-WF66MX!馬淵さんモデル!

トムアディクトでは、TMA-C71MXの前山さんモデルがマキモノに適していますが、東条湖でジンクスミニを使う場合、1/4~3/8ozの軽めのウェイトを使用するので、ワイルドフィネス使用ではあるけど何でも出来ちゃう馬淵さんモデルのWF66MXが軽いルアーに使いやすく丁度良いです!
クランクベイトやバイブレーション、オリジナルのジンクス、ジンクスミニの1/2ozを使う場合などは前山さんモデルのC71MXが飛距離も出て、抜群に使いやすいので、ルアーのウェイトに応じて使い分けています!


ワイルドフィネスからスピナーベイトなどのマキモノ系まで、本当になんでもオールマイティにこなせるオススメロッドですよ!
ラインも、とにかくしなやかでよく飛ぶ東レのNEWライン、エクスレッドがメイン!
柔らかいじゃなくて、しなやか!なので、シングルフックのスピナーベイトもガッツリ掛けられて、そのままゴボウ抜きできちゃう強さも兼ね備えています(^^)v

おそらく、東条湖のみならず全国各地でジンクスミニの春爆が起こっているはずなので、乗り遅れないようにしっかりスピナーベイト祭りを楽しんでくださいねーー!!!

 

 

TOP OF THIS PAGE