HOME < PRO STAFF BLOG < 三原直之のエースを目指せ!


        

title

JB TOP50 北浦戦!
こんにちは!三原直之です!

JB TOP50 北浦戦が終了しました。結果は31位の予選落ち。非常に悔しい思いをしてきました。

プリプラクティスは悪天候続きのために入らず、直前プラクティスのみで試合を組み立てました。

水温が16-18℃、大潮明けということでスポーニングに入る魚、その手前でステージング&捕食行動に動く魚が居て、自分が狙ったのは後者。
ほぼ未経験のフィールドですが、GPS魚探の等深線を見ながら、ココ良さそう!と思ったのが蔵川ワンド。

スポーニングエリアをうろつく魚を手早く探るために、ジンクスミニSB 3/8ozで探り始めると開始数投でファーストフィッシュ!


そして同エリアで立て続けに!


いきなりパターンと場所を当ててしまったかのようなバイトの出方と魚のコンディション。
その日はさらに同エリアで追加して、ジンクスミニSB 3/8ozだけで3本3キロという面白いパターンを発見!
さらに二日目のプラクティスでも、似たようなシュチュエーションでグッドサイズをキャッチ!


スポーニングエリアになるであろう水深30cmほどのアシ際に、石畳のようなハードボトム、そしてアシから2mも離れたら水深が60cmになるようなブレイクまであるエリア。さらにシラウオがそのエリアだけ沢山居たのでエサもバッチリ。
そんな、ココしかない!というような蔵川ワンドと、フォローエリアに北浦上流を入れて試合に挑みました。

試合初日は南風。
プラクティスとは真逆の風で、狙いのアシ際は超ベタ凪。さらに減水も重なりかなり、シャローのスピナーベイトパターンはかなりキツくなってしまいました。

そこで閃いたのは、バズベイト!

ピーカンベタ凪なら有り得ると、投げ倒しましたがミスバイトに泣かされ、3バイトノーフィッシュでゼロ申告。。
精神崩壊を味わいました(T_T)


そして、二日目。
試合は終わっていない!と自分に言い聞かせ、トップウェイトを出すつもりで蔵川ワンドへ。
この日は北風強風の自分には味方となるコンディション!
朝からジンクスミニのスピナーベイトパターンがハマり連続キャッチ!!お昼頃には荒れすぎなくらい荒れたため、風裏になるドッグ周りをダットカット2.5インチで攻め、グッドサイズをキャッチして4匹4365gで単日4位となりました!



後々聞くと、霞ヶ浦水系ではシラウオパターンの際にスピナーベイトがハマるのだとか。
知らず知らずに本当にその通りのことやっていましたが、なかなか面白いパターンでした!
キモとなったのは弱波動とスカートの色。


新品が一日でこうなるまで投げ倒していました(^^;)

カスミワカサギという、クリアカラーのスカートにシルバーブレードが良く、アシの隙間に細かく投げ入れてはアシ際だけを巻くというパターン。
これが強波動スピナーベイトでは、何度も投げ込む内にプレッシャーが掛かり過ぎてしまい、威力を発揮しなくなってしまうのです。
また、今回メインロッドになったトムアディクト 馬淵さんモデルの赤竿66M。
71Mもマキモノに適していますが、ショートキャストで細かくテンポ良く投げていくのには66Mが最適でした!

バズベイト&スピナーベイトというビッグレイクならではのストロングパターン。
面白かったですが、ミスバイトに泣かされたり、あと一本が出なかったりと悔しい思いをしました。
次の旧吉野川戦は、初フィールドですが個人的に大好きな時期!なんとか優勝に絡めるよう頑張りますので、また応援宜しくお願い致します!!!


タックルデータ

タックル1 スピナーベイト
ロッド:トムアディクト TMA-WF66MX
ライン:バウオ エクスレッド12lb
ルアー:ジンクスミニ スーパーブレード3/8oz(カスミワカサギ)

タックル2 バズベイト
ロッド:トムアディクト TMA-C71MX
ライン:バウオ エクスレッド14lb
ルアー:ジンクス改 3/8oz

タックル3 ベイトフィネス
ロッド:トムアディクト TMA-WF610MLST
ライン:バウオ エクスレッド6lb
ルアー:ダットカット2.5インチ

 

 

TOP OF THIS PAGE