HOME < PRO STAFF BLOG < 三原直之のエースを目指せ!


        

title

そろそろロングワーム。
こんにちは!三原直之です!

ゴールデンウィークの釣行はどうでしたか??
また連休中に東条湖に来て頂いて、声を掛けて下さった皆さんもありがとうございます!

さて、そんな連休中の状況ですが、おそらく全国的にスポーニングが終わってアフターの魚が増えた頃ではなかったでしょうか?
アフターと言えば、トップウォーターや虫&カエル系、スローフォール系などなど、定番とされている物がいくつかあります。

その中でも今回はロングワームについて!
アフターの時期に大活躍するロングワーム。
主にイールクローラー10インチ&7インチ、セクシーアンクル7インチ&5.5インチなどが代表的!


中でも、イールクローラーの10インチ(通称:ウナジュウ)と7インチの威力は超キョーレツ!!!

まず、リグは基本的にノーシンカーワッキーかネコリグ。
僕の場合はサイトフィッシングならノーシンカーワッキーで、ブラインドならネコリグです!
この時期はどんなところにでもロングワームという選択肢はあります。


サイトフィッシングでのノーシンカーワッキーやネコリグ、またはテキサスリグで使う場合、ロングワームにはアプローチのキモというのが存在します。

それは、「バスが有利な立場でエサを食える場所に投げること」です。

例えば、ボトムに置くのも1つ。
魚がボトムにロングワームを追い込んだと思わせるのです。
あとは、岸から転がして落とすバンクキャストや、流れ込みから流すナチュラルドリフトなども「エサっぽい生物が、誤って水に落ちてしまって泳げない」という、バスにとってしめしめというような有利な状況を作り出すアプローチなんです。
これぞロングワームのキモ。

あとは、ロングワームが潜っていくのか、落ちていくのか。
ロングワームが泳いでるのか、もがいているのか。
その違いをリグやアプローチなどで出していくと、ロングワームがアフター期に物凄く釣れる最高の武器となるでしょう!

まずは、見えバスを見つけたらイールクローラー10インチor7インチのノーシンカーワッキーを、岸にバウンドさせるようにキャストして着水後はノーアクションで放置してみましょう!
バスが着水に気付けばスッ飛んでいくと思います!

ちなみにカラーは、見つけられやすく強くない「レバー」がオススメ。
濁りに強いような、強いカラーのワリにボディは透けてるので、ロングワームにベストマッチ!

イールクローラーに反応が無ければ、セクシーアンクルに変えて試すと反応が変わることもありますよ!
あとは、裏テクでセクシーアンクル5.5インチのノンソルトバージョンを表層ワッキー(ピクピクメソッド)で使うと良く釣れますよ!


昨年、イールクローラー10インチについて長々と書いたブログがあるのでソチラもチェックしてみてください!

http://s.ameblo.jp/bass-thanks9/entry-11903968663.html

是非、アフター期のロングワームを試してみてくださいね!

 

 

TOP OF THIS PAGE