HOME < PRO STAFF BLOG < 三原直之のエースを目指せ!


        

title

トムアディクト ニューラインナップ!!
皆さん、こんにちは!三原直之です。

連日、猛暑続きで本当にバテますね(-_-;)
熱中症にご注意を!

さて!
イマカツHPにもアップされていますが、トムアディクトの追加新機種が3本でます!!

まずは、TMA-C611M+X


このロッドは簡単に要約すると「ワーミングバーサタイル」と一般的に言われるようなロッドです。
ミディアムよりかは強く、ミディアムヘビーほど固くない。

実際にルアーを投げて、魚を掛けたりすると本当にそんな感じがしますよ!
キャスティングの瞬間は、しっかりとロッド全体でルアーの重さを乗せてキレイに投げられるイメージなのですが、フッキングした瞬間はバチッと曲がりながらパワーを発揮するようなロッドになっています。

まさに、トムアディクト×デジーノブランクスの特長とも言える、粘りの強さとバレなさがしっかり入ってるロッドになっています!


次に、TMA-BF66LFST


これは本当に扱いやすいベイトフィネスロッドです。
6フィート6インチというレングスは、キャスト、精度、取り回し、ファイト&ランディングまで、本当に扱い丁度イイ長さです。
ティップもソリッドティップなので、1.3gのアベラバなどでも狙ったところへキャストが決まったり、繊細なアクションもかけやすくなっています。

初回ラインナップのWF610MLと比べると、バーサタイル性やパワー面では610MLが良く、
精度や繊細さ、思い通りに操れる感じはBF66Lのほうが長けていると感じます。
またベイトフィネスプラッギングにも対応しており、シャッドなどを巻くにも丁度イイので、ベイトフィネスロッドの王道的な位置付けとしてオススメする一本です!


次に、トムアディクトで初となるスピニングロッド。
TMA-S61LFST


このロッドは、プロト段階から自分の右腕として大活躍しており、


JB生野銀山湖 第二戦の優勝、ヒューマンチャプターでの4800gでの優勝、さらに旧吉野川での単日3位、桧原湖戦のラージのサイトなど!!!



すでに無くてはならない最高のスピニングロッドになっています。

このスピニングの特徴は、超繊細でテクニカルなソリッドティップとベリー〜バットの粘り強さです。

ティップに関しては、本当にワームを1cm動かすという繊細な操作も可能で、ティップがしっかり入る分、キャストの精度や速さ、そして噛むだけの繊細なバイトも明確に取れることが、なによりのアドバンテージです!!

さらに、こういったティップが入るロッドは、
ティップが柔らかく入り過ぎてしまい、フッキングパワーの伝達が遅れたりしてバレに繋がることが多いのですが、
このロッドは、ソリッドティップの繋ぎ目付近にある程度の固さやパワーを持たせているので、ロッドをグッーと曲げなくてもチョイと曲げたらそれで掛かる!というな本当に優秀なロッドになっています。

キャストの精度と速さ、繊細なアクション、超高感度なティップ、そして掛ける早さ。
僕がビッグベイトよりも得意とし、最大の武器としているサイトフィッシングにおいて、重要な要素をしっかり全て兼ね備えている!!

これは本当に最高のロッドが出来上がったと思っています!


初回の三機種も今や超レギュラーのロッドですが、追加の三機種も全て必要な新たな頼もしい武器になるでしょう!

是非、新しいトムアディクトの追加三機種にご期待下さい!!

イマカツ取扱店で8月18日まで予約受付中です。

P.S 間もなく発売のギルロイド動画も公開中!!
キモとなるアクションがバッチリ抑えられてるイイ動画になっています!





是非見てみてください!

 

 

TOP OF THIS PAGE