HOME < PRO STAFF BLOG < 三原直之のエースを目指せ!


        

title

初秋のビッグベイトパターン!
皆さん、こんにちは!三原直之です!

夏の暑さのピークも越え、朝夕が涼しくなりました!
昼間はまだまだ暑いですが、季節は間違いなく秋へと進行しています!

そして、今回は「初秋のビッグベイトパターン」。

毎年、夏から秋へと移行したタイミングで大爆発するのがビッグベイト。


真夏の暑い時期は、暑さを凌ぐために多くのバスがミドル~ディープでじっとして、涼しい夜に活発にエサを食います。
それが、朝夕が涼しくなり秋を感じるようになると、だんだんと日中にフィーディングすることが多くなってきます。

初秋は特に、表層水温が上がらない雨天や曇天がベストで、ビッグベイトが最も爆発しやすいタイミングです!風も吹いてれば最高!

初秋のビッグベイトでメインとなるのは「波動の強いビッグベイト」。
中でも、ギルロイド ブーツテールは最高ですね!


初秋のビッグベイトパターンのキモは「シャローに魚を上げてくる」こと。
シャローに魚が多く、ビッグベイトが効きやすいアフター期とは違い、秋はレンジがまばら。
秋のビッグバスは、水通しが良く、ベイトが豊富なエリアのシャローから一段下に居る事が多く、バスが狙うフィーディングスポットにベイトが入れば、フィーディングするというスタイルです。

さらに、秋になるとビッグバスのエサとなるハスやオイカワ、ブルーギルもどんどんデカくなってくるのでビッグベイトが有効になるんです。



その秋のビッグバスのフィーディングスタイルに上手く合わせられるのが、波動の強いビッグベイトというわけで、

ギルロイド ブーツテールのような逃走アクションをしながら強波動を出してるビッグベイトが、バスのフィーディングスポットに入ると、クランクなどの普通サイズのプラグよりも魚をシャローに呼ぶチカラが強いため、スイッチを入れやすく釣りやすいという仕組みです。


例えば、岬のシャロー側やインレット直下など、バスがフィーディングしそうな場所を強波動で素早く通す!
秋はスピードもキーになるので、高速アクションでも強波動が出せるギルロイドは最高です!!!

基本的なアクションは、"三原巻き"と呼ばれる高速のストップ&ゴーや、ロッドを大きく煽ってリッピングのようなジャークが有効です!
もちろん、基本的にリーリングは高速で!!!!笑

ブーツテールの強波動と、素早いS字アクション、大きなボディのフラッシング、この1つ1つが秋のビッグバスにめちゃくちゃ効くので、ギルロイドをガンガン巻いてみましょう!


今秋のビッグベイトはギルロイドがメインとなりそうですが、元々毎年秋に爆発していたアユロイド&ビッグロイドのコンビも用意しておくと死角ナシ!


アユロイドやビッグロイドの最大の特長は「ジャークした時に大きく水を動かす(掴む)ところ」。
基本的な使い方は、連続ジャークをしながら高速リトリーブ。

アユロイドやビッグロイドは連続ジャークを入れても、毎度しっかりと水を掴むので水面に飛び出ることがなく、しっかりとアピール出来るのが最高!!
ジャークの度に毎度水を掴むと、高速リトリーブも出来るので、この釣りはアユロイドとビッグロイドでないと出来ません。

使い分けとしては、
アユロイド&ビッグロイドはサーチや遠く&深い場所から魚を寄せて食わせる時に使用し、
ギルロイドはアユロイドやビッグロイドに比べ、アクションが単調なのでココで食わせる!という時に使用すると良いでしょう!
あとは、フィールドのエサに合わせてやることですね!

ちなみに使用タックルは、
ロッドがロデオライドのRR-C611XHFF。
長すぎず、硬めのロッドがオススメです!

リールはノーマルギアのパワーハンドル系。
ラインはエクスレッド20lbか、ハイグレードの25lb。


太いラインを使う理由は、高速巻きをするにはラインを沈める必要があるのと、太いフックを遠くでも刺し込むためです!!コレ、本当に重要!!!

ちなみに、昨年の秋はルアーニュースさんの取材でアユロイドをメインに、東条湖の初秋をボコボコに釣りまくった思い出があります(笑)


電子書籍でバックナンバーも買えるので是非!!

初秋のビッグベイトは本当に強烈で最高!!
この記事を参考に、是非!皆さんも初秋のビッグベイトパターンを味わってみてください!
本当に強烈ですよ!!!!笑

 

 

TOP OF THIS PAGE