HOME < PRO STAFF BLOG < 三原直之のエースを目指せ!


        

title

ウェイトチューニング(ギルロイド)
皆さん、こんにちは!三原直之です!

さて!今回は改めて、ビッグベイトのお話。
自身のブログや、今江さん、穂崎さんのブログでも何度かご紹介していますが、とにかく質問が多い「ウェイトチューニング」を改めてしっかりと解説していきたいと思います!!!

まずは、ギルロイド。


普通ならルアーの腹部にボードウェイトを貼っていくのですが、イマカツ製のS字系ルアーはココに貼れるんです!!


ココとは、ルアーの頭側のボディのジョイント部分にあるスペース。

ここにボードウェイトを貼ると、腹部に貼らずに済み、見た目も損なわない!っていうのがメリット。
意外とお腹の白い部分は見てますからね。
こういうちょっとした工夫もプレッシャーを下げる1つの要素。

貼り方は、



ジョイント部分のネジを精密ドライバーなどで回し、ネジを抜くだけ!
この時にサイズの合わないドライバーを使うと、ネジ山が潰れたり、割れたりしてしまうので要注意です!!

あとは、平らなスペース全体を埋めるようにボードウェイトを貼れば完了。

絶妙なサスペンド調整は水温によって変化するので、一概にどれだけ貼ればいいかは言いにくいですが、現場で調整することをオススメします!重ね貼りもOK!

僅かな調整なら、ボードウェイトを小さく切って腹部に貼っても、ベタ貼りして白い腹部を隠すワケではないのでOKだと思いますよ!

あとは、フックやスプリットリングで調整するのもイイですね!
ギルロイドの場合、スプリットリングが#4、フックは#1なので、フックを#1/0にして重めにするとか、スプリットリングをダブルにするのもアリです!!
また逆に、フローティングにしたければリングを#3や#2へ小さくするなどのチューニングがオススメです!
フックを小さくしてしまうと、フッキング率が悪くなるのでリング交換がオススメ!


これからは、ギルロイドやバスロイド、ビッグロイドといった大きめの存在感があるビッグベイトが良くなってきます!

さらに、ジャストサスペンドにすることも大切!!
バッチリ、チューニングしてフィールドへ出掛けてビッグベイトでビッグバスをゲットして下さいねー\(^o^)/!!

 

 

TOP OF THIS PAGE