HOME < PRO STAFF BLOG < 三原直之のエースを目指せ!


        

title

真冬のシャロー攻略はビッグロイド
こんにちは!三原直之です!
連日寒い日が続きますが、僕は相変わらずホームレイクの兵庫県東条湖へ、ずっーと釣りに行っています(笑)
そこで今回は自分が得意としている真冬のシャロー攻略をご紹介したいと思います!

真冬となると、バスも“じっ”としているイメージがありますが、全くそんなことはないんです!
狙う魚によってというのもありますが、僕が狙うような魚は冬でもシャローで動けるスーパービッグバス!
真冬の寒い釣行で大変な思いをして同じバスを釣るなら、小さいのより大きいほうが感動も桁違いです。

狙うべき場所なのですが基本的に水温が高く、ワンド状になっている場所のシャロー。
それも急深なディープが近くあるワンドなどは好条件です。
そこに何かストラクチャーが絡めばビッグバスが着いている事もあります。
この時期はシャローにエサが少なくなるので、ビッグバスが捕食するとしたらフナかブルーギルになることが多いです。
なのでルアーもデカくて扁平なルアーが抜群に効いたりします!
僕がよく使うのは、ビッグロイドです!


今や定番となった、サスペンI字釣法がめちゃくちゃ効きます!
冬のバスはなぜか、止まっているモノ、留まっているモノに反応が良くなるので、ビッグベイトを“ピタッ”とサスペンドさせることが重要になります。

板オモリなどを貼って、スーパーデッドスローシンシングに調整したビッグロイドを投げて止めておくだけ。
すると、ゆっくりと黒い影が近付いてきます!
ほぼ目の前まで近付いてきたら、トゥイッチを入れてリアクションで食わせる釣りになります。
ジャークというほど強く逃がすと、冬の低活性の魚は驚くのでトゥイッチでチョンと逃がすくらいがベストです!
写真のように色付きの板オモリを頭に貼ることで、視認性アップと、トゥイッチした時に浮き上がらなくなります!

年末に釣った54cm

またこれが状況によって、サスペンドするよりも超デッドスローリトリーブのほうが良い時もあるので、そこは状況によって使い分けてください!

12月~2月前半までは完全にサスペンドさせている方法に反応が良く、2月後半~3月と春に近付くにつれ、サスペンドよりもデッドスローリトリーブのほうが良くなってくるので、試してみてください!
僕からしたら、ライトリグをちょこちょこやるよりも釣れると思ってるほど、真冬に威力のある釣りです!
ビッグロイド一本だけ!という釣行もアリだと思いますので、是非真冬こそ釣りに行ってビッグバスを仕留めましょう!

 

 

TOP OF THIS PAGE