HOME < PRO STAFF BLOG < 三原直之のエースを目指せ!


        

title

アンクルゴビーシャッドテール 発売間近!
皆さん、こんにちは!三原直之です!

フィッシングショー大阪&キープキャストの2月!
まるで師走のごとくでした。笑
沢山の方々に声をかけて頂き、色んなお話も出来て楽しかったです!!
ありがとうございました!

さてさて、そんな多忙な2月はあまり釣りにも行けてなくて、気付けばもう3月です。

経験上、2月20日頃にはバスは絶対に春を意識して動き始め、そのタイミングに"大潮"や"雨や雪解け"などの状況変化が絡むと絶対的。
そんなタイミングだけを見計らい、3時間程、東条湖の湖上に浮き、春に向けて動くバスをアラバマ系リグ+アンクルゴビーシャッドテールで仕留めました。


このアンクルゴビーシャッドテール。
とにかくシャッドテールワームとしてのクオリティが高く、アラバマ系にしろ、単体で使うにしろ、最高の働きをします。


僕が求めるシャッドテールワームの条件は、

1、テールレスポンスが良い事
2、腹部で水を受ける形状であること

この2つが、とりあえず絶対欲しいところ。

何故かと言うと、シャッドテールワームは真横に引くイメージが強いことから、ゆっくり引いたり止めた時には全く魅力の無いモノになるからです。
例えば、ライトテキサスやノーシンカーなどでも、ただ巻くだけならどんなシャッドテールワームでも出来ますが、ストップ&ゴーやスローなカーブフォールなどに対応出来るものは少ないです。

巻いている時にバイトチャンスが多いシャッドテールワームですが、それだけの動きではなく、アクションに応用が効けば、より釣れるワームになるんです。

チェイスがあって、スピードをダウンさせたらワームが動かなくなってバスが見切るなんてことがけっこうあったり、
キャロライナリグやテキサスリグのズル引きなどでも僅かな水流で動くルアーであれば、扱いやすくバイト率も高いです。

今や、シャッドテールワームは巻くだけではないのです。

そして、アンクルゴビーシャッドテールは、ボディ全体で水を掴むようなアクションで、サイズの割にはパワーもあり、動き出しも早く、様々なアクションに対応出来ます!
ボディには深めのリブが入っており、形状は六角形なので腹部にしっかりと水を受けてくれるので、スローリトリーブにも対応!

最近、再ブームになりつつあるアラバマ系リグのワームとしても最高ですよ!!
ただ巻き、カーブフォールにもしっかりと対応出来ますからね!


おそらく、これから何年先も定番であり続けるであろう「アンクルゴビーシャッドテール」。

もうすぐ店頭に並ぶので、その扱いやすさやワームのポテンシャルを是非体感してみてください!!

 

 

TOP OF THIS PAGE