HOME < PRO STAFF BLOG < 三原直之のエースを目指せ!


        

title

三原虫の全て
皆さん、こんにちは!三原直之です!

いよいよ!発売が決定された僕のシークレットルアー「三原虫」
今回はその三原虫について書いていきます!
永久保存版な説明書です!笑

そもそも三原虫の始まりは、ホームレイクである東条湖の見えバスから。
屈指のタフレイクとあり、最初は僕もあの見えバス達を食わせる術が全く見つかりませんでした。
桟橋の下に浮く魚も、岸際を泳ぐ魚もとにかく難しい…。
ですが、釣れないバスを観察している時に、とある瞬間に出くわし一気にそれらのバスを釣る釣り方がわかったのです。

そのとある瞬間とは、エビが中層でホバリングしてサスペンドしている瞬間。

バスがそれを見たとたんにスイッチが入り、なんの躊躇も無くエビを捕食したのです。
そこから「サスペンドしているエビを模してみたらどうか」という考えが生まれました。

エビは逃げる時にキックアクションで逃げます。
ルアーで言うと、トゥイッチ&ポーズのような感じ。
その逃げた先が岩の隙間などならバスから逃げられますが、中層に浮いてしまったら360度どこへ逃げようとも、キックした後の僅かなストップでバスに食われてしまうんです。
つまり、ホバリングしてサスペンドしているエビは、恰好の餌食だということをバスは知っていたのです。

そして、試行錯誤して生まれたミハラムシの原型はコチラ。


リューギ ラバーショットSにアンクルゴビー2インチをセットしたもの。
これが始まりでした。

このフワッと感と、ラバーの揺らめきがエビのホバリングに見え、このセットで何匹かのバスが釣れるようになりました。

ですが、アンクルゴビー2インチは意外と重さがあり、テールもあるので縦になり落ちてしまいます。
シルエットはエビらしくあるけど、「サスペンド」というキーワードはクリア出来ていませんでした。
もちろん、サスペンド出来るダウンショットリグも試しましたが、シェイクを嫌う東条湖では全く無視されてしまい、どうにかノーシンカーで実現するしかないという考えに至りました。

そこで、アンクルゴビー2インチのテールをカットし、シリコンスカートを刺してみることに。
すると、フォールスピードが抜群に良く、サスペンドとまではいきませんが、デッドスローフォールで、サスペンドしているかのようなフォールスピードになりました。

早速試すと、早速釣れて、「凄いモノを作ってしまった」とワクワクしながら震えていたのを覚えています(笑)

そして、さらに進化させるために、様々なシリコンスカートを買い漁り、太さや張りなどで若干フォールスピードが違ってくるので、たくさんの試作も作りました。
すると、ただ1つだけ"最高の動き"をするシリコンスカートに出会えたのです。

フォール中に水中をよーく見ると、シリコンスカートが細かく震えていました。

このレッグであるシリコンスカートのバイブレーションこそが、三原虫の最大の"キモ"なんです。

そこから、カラーや流さ、シリコンスカートの刺し方まで煮詰め、完成したのが「三原虫」でした。

手作りのミハラムシ

前に書いた通り、エビを食うバスに対してアプローチするルアーですが、名前は普通すぎる「三原虫」

これにも理由があり、とにかく釣れすぎて凄すぎるシークレットルアーだったので、他のトーナメンターに絶対にバレたくなかったんです。

なので「エビパターンとして使う」という核心部を隠し、他のトーナメンターにルアーを見られても興味を持たれないように見た目はそのまんまのムシチューンから「三原虫」という名前を付けました。
例えルアーを見られても「あいつは虫パターンで釣ってるのか」と思われるだけ。
その見た目から、誰もこのルアーがシンキングで、エビを模しているとは思っていなかったはずです。

この「ミハラムシ」が完成されたのは、2013年。
そこから近畿ブロックチャンピオンシップで優勝したり、JB戦やチャプターで優勝したりと成績を上げていく事が出来ました。
そして、極めつけには昨年のジャパンスーパーバスクラシックの優勝。


アベンタのフォローベイトとして活躍した三原虫。
完全なオリジナルルアーが優勝に絡んだのは本当に嬉しかったです。

長くなりましたが、これこそが三原虫のストーリー。

名前は虫だけど、エビ。
この理由が理解して頂けたかと思います。

そして、充分な実績を積んでからオリジナルから製品化へと進んでいきました。
やはり、手で作るより機械で作るほうが正確とあって、ファーストサンプルから上出来。


ですが、製品として世に出すからには完璧にしたい!!という気持ちが強かったので、細かなところまでコダワリを詰めました!

そのコダワリが"0.06gの増量"。

まず最初にボディ形状を変更し、アンクルゴビーのボディよりもリブを浅くし、泡噛みを少なくして、沈ませやすくしました。


そして次に、三原虫のレッグ全てをピリピリと動かしたいので、ボディの比重を調整していきました。

ファーストサンプルの三原虫に、マス針ノーシンカーでセットした状態で、ウェイトを微調整していくために、もう一本色々なサイズのマス針をお腹にかけていきながらフォールスピードを確認し、ベストなフォールスピードを見つけていきました。
そのベストだったフォールスピードの時に掛けていたマス針の重さが0.06gという重さだったのです。

この、0.06gの増量が大当たりで最高のアクションを出すことが出来ました!!!

さらに、この三原虫のシリコンスカートですが、なんと抜けることがありません!

このタネがコチラ。


シリコンスカートを刺していくのではなく、この形のシリコンスカートをサンドイッチするような、インサート成型になりました。

これによって身切れが少なく、丈夫に保つことが出来ます!!
僕がテストした中では、5匹以上釣ってもまだまだ使えましたよ!

身切れによるミスキャストで、チャンスを潰すことが少なくなるのはとても大きいです!!

シンプルすぎる見た目の割に、詰め込みすぎなくらいこだわりが詰まっている三原虫。
本物の自信作です!

是非、ご期待下さい。

次回は主な使い方の説明を致します!

 

 

TOP OF THIS PAGE