HOME < PRO STAFF BLOG < 三原直之のエースを目指せ!


        

title

冬のオカッパリ サイトテク!
こんにちは!三原直之です!
強烈な寒波が来ていますが、皆さん体調を崩されないようにお気をつけ下さい。
ていうか!釣りに行ってりゃ風邪引かない!!笑
ということで、今週もオカッパリへ!


関西でも有名な温排水河川。
どこへ行ってもチャンスの少ない冬だからこそ、遠出してでも温排水などの少しでも条件の良いところへ!
バスフィッシングは、場所からです。

とは言っても、ハイプレッシャーで有名なフィールドで、平日でもアングラーの姿はチラホラと。
ほぼ初めてのフィールドなので、とりあえずロッドを持たずに歩いて回り、状況を把握して荷物を最小限にするのが三原流オカッパリスタイル。
基本的にサイトフィッシングがメインとなる河川なので、サイトタックル一本で挑みました。

初フィールドは、まずバスが何を食べているのかを判断するのですが、冬ならばだいたい大まかに分けて、魚かエビ&ハゼ系。
最初はどっちつかずなので、どちらにも化けられるステルスシャイナーをチョイスすることが多いです!
今回もステルスシャイナーからスタートして、早速見えたバスにアプローチすると、速攻でバイト!


ナイスサイズをゲット♪
ステルスシャイナーの棒引きドリフトでした!

マス針を頭にチョン掛けし、0.3gのネイルシンカーを写真のように挿入します。


そして、ラインをたるませてただ巻きするだけ。
棒引きやI字引きと言われる巻き方です。
これで川の流れを利用して、巻きながらドリフトするとバイトしてきました。


ワームを泳がせて釣れるのならベイトフィッシュを食べている傾向が強いと判断!
実際に岸際には小さなベイトフィッシュが群れていました。

河川やリザーバーに限らず、小さなベイトフィッシュを食べている時はステルスシャイナーの棒引きがめちゃくちゃ効きます!
追い掛けて来ない時などは、ハドルフライ2.5インチのノーシンカーでフォローを入れると良いですよ(^^)

またワームが小さいので、なるべくラインは細くしたほうが、飛距離が出ます!
今回は東レのスーパーハードスーパーフィネスの2.5lbでしたが、このラインは細くても強いので2.5lbでも大丈夫!
3.5lbまでにすると飛ばなくなるので、3lbがベストですね。

フィールドを見て、
「小さなベイトフィッシュがいるな〜」と思ったら投げてみてください!
特に見えているバスには効果的なワザですよ!

冬でもフィールドに行けば発見はたくさんあるので、寒くてもガンガン釣りに行きましょう!笑

P.S
いよいよ! 2月7日、8日はフィッシングショー大阪2015がインテックス大阪にて開催されます!
東レブースにて、イマカツ新製品や東レのNEWラインなどが展示される予定ですので是非、皆さんお越しください!

僕は日曜日に会場でウロウロしていると思うので見かけたらお気軽に声をかけて下さいね(^^)v

 

 

TOP OF THIS PAGE