HOME < PRO STAFF BLOG < 南 一貴の琵琶湖ランナーズハイ



title

ゴビキャロが好調!
皆さんこんにちは!
毎年ゴールデンウィークからしばらくの時期、南ガイドが超オススメしているのが、アンクルゴビー3インチのライトキャロ!
琵琶湖でゴビーの3インチって!って思う人も多いと思いますが、ホンマに良く釣れるんです!!

ゴビキャロ絶好調宣言♪

今時期のバスは小さく軽く、そしてキビキビと動くものに高反応する傾向があります。
この条件にピッタリなのがゴビキャロなんです。
3インチと小さいものの、スローに引いても細かく動くアンクルテールがプリのデカバスにも猛アピールしてくれます。
狙うはウィードフラットのウィードトップ!
ウィードの多い南湖では、アンクルゴビーの性能を最大限に引き出すためシンカーウエイトも重要で軽すぎるとウィードトップから浮いてしまい、重すぎると引っ掛かりすぎてストレスに・・・
いろいろ試した結果、絶妙なシンカーウエイトはズバリ1,8gです!

ブリブリ連発!!


ではなぜキャロ?
今年も既にウィードが多く、テキサスリグやネコリグ、ジグヘッドではバスに見つけてもらうには効率が悪く、
キャロにする事で、ナチュラルにウィードトップを引いてこれるから。
また、ブレずに真っ直ぐ直線でアンクルゴビーを泳がせたいので、糸ヨレでクルクルとゴビーが回転するのは厳禁!
極小サルカン(ヨリモドシ)で糸ヨレを防止し綺麗に引けます。

ゴビキャロは糸ヨレ厳禁!

ゴビキャロはスピニングタックル仕様のライトリグですが、よくあるライトリグ用の細軸フックを使うと折れたり曲がったりする危険性があります。
フックにも細心の注意を払うほどにゴビキャロはデカバス率が高いんです♪

アンクルゴビー3インチにはヘビークラスの #1 がベストサイズ!


ラインは5ポンドですが、リールのドラグ調整が重要で、ラインを手で引っ張り、ロッドを曲げてある程度出てくれるくらいの設定が必要です。

アンクルゴビー3インチのライトキャロ今が旬です!!


狙うは水深2m前後のウィードフラットにズル引くだけ!
ホントこれだけでゴビキャロは良く釣れてくれます♪
誰でも簡単ゴビキャロパターンを是非お試し下さい。
それではまた・・・


☆南ガイド募集日程☆

5月
23(土)、26(火)、27(水)、28(木)、29(金)、30(土)

6月
1(月)、9(火)、12(金)、13(土)、14(日)、15(月)、16(火)

7月
17(金)、18(土)、20(月)、21(火)、22(水)、23(木)、24(金)、25(土)、26(日)、27(月)、28(火)、29(水)、30(木)、31(金)、

ご予約、お問い合わせはミックバスクラブ電話077-579-0570
ガイド日程はこちらhttp://www.micbassclub.com/guide/#schedでご確認下さい。
皆さんのお越しをお待ちしています!!

 

 

TOP OF THIS PAGE