HOME < PRO STAFF BLOG < “God Hand” KENTA'S Design Lab

title

【速報】♪ピロロローン♪ピロロローン♪
こんにちは、ルアーデザイナーの長井です。

ちょっとオーバーなタイトルにしてしまいましたが、前回のブログで掲載するのを忘れていただけの追加通知です。

今回、小南ギルポップに採用されたカラーは全11色、どのカラーも全国各地から、目利きスカウトマンによる厳選されたモデル達を集め、書類選考の1次審査を通過、そして公開オーディションの2次審査、3次審査を通過し、最終審査に残った精鋭たち・・・

そんな大袈裟な審査はしていませんが、全国各地から新鮮なモデルをスカウトしているのは紛れもない事実であり、同じブルーギルでも生息地域により体色は千差万別、同じフィールドに生息していても、場所や水深の違いにより、一匹一匹体色は異なります。

全11色、全国どこの水域でも対応出来るように、カラーを厳選しています

11色の内、2色は定番になりつつある鮒喰いバス用に金鮒、銀鮒をセレクト、メインのギルカラー9色の内、2色はフラッシング強化バージョンとして、3Dフラッシュビワコギルと3Dフラッシュメスギルをピックアップ。


#497 金鮒


#498 銀鮒


#501 3Dコギル


#548 3Dメスギル


#590 3Dフラッシュビワコギル


#595 3Dフラッシュメスギル


#597 3Dリザーバーギル


#598 3Dビワコギル


#622 3D琵琶湖グラスギル


#654 3D鴉ギル


#698 3Dマッディーギル


どれも個性のある色とりどりのカラーです。

カラーに迷ってしまう方は、自分の通うフィールドへ Let's go for bluegill fishing !!


それでは皆さん良い釣りを

 

 

TOP OF THIS PAGE