HOME < PRO STAFF BLOG < 小川美裕 美裕ジェーン



title

アラバマ系好調をキープ!
12月に入り少しずつですが初冬の気配が感じられるこの頃です。
琵琶湖の水温はミック前で10~11℃台、南湖北エリアでは12~13℃台。
そして北湖では13~14℃台あたりとこの時期にしては依然、高めの状態です。
外気は寒くなってきましたが10℃台を切るまではカナダ藻が残るエリアを中心にアプローチすることで、バスからの反応は安定して得られることでしょう。
このところはアラバマ系のビッグフィッシュ率が高く、数を釣るならシャッドと二つの釣り方を軸にガイドを進めています。

52センチ、2キロオーバーをアンクルゴビー3.5アラバマ系で。

アラバマに関しては過去に色々なタイプを試してきましたが、現在はブレイドを伴ったフラッシング効果が期待できるトレジャートラップ(庄司プロがプロデュース)に落ち着いています。
ジグヘッドのウエイトは1.8gと3.5gを狙うレンジに合わせて使用しています。
おおよそですがウィードトップ2.5~3.5mのレンジを狙う場合はセンターに3.5g、そして他のアームには1.8gのジグヘッドをセット。
4m以上のレンジでは上段のアーム2本には1.8g。
その他の3本のアームには3.5gといった具合に狙っていくレンジやバスのポジショニングによってもこれ以外の組み合わせを使用する場合もあります。

こちらは51センチ。
50アップの捕獲率は現在、このリグが一番です。

使用するワームに関してはセンターには4インチクラスのシャッドテール。
これに関しては来季にはアンクルゴビーのシャッドテールが発売されるようなので、個人的には非常に楽しみにしているアイテムです。
そして残りの4本のアームにはアンクルゴビー3.5を使用しています。
ストライクはセンターのシャッドテールだけに限らずアンクルゴビー3.5に喰ってくるバスも多く、このセッティングには自信ありです。
センターと周りのワームを変える訳は波動の強弱をつけるためです。
シャッドテールの強い波動一辺倒よりはアンクルゴビーの控えめな波動を入れてあげることで反応するバスを増やしたいのが狙いです。
タックルに関してはロッドはインスピラーレ スーパースタリオンを使用することでモンスタークラスのバスにも対応可能です。
ラインはフロロながらしなやかさを兼ね備えたエクスレッド14ポンド。
リールはローギアかノーマルギアのものがこの釣りには適合していると思います。
これから寒くなってきますがある意味ビッグフィッシュは狙いやすい季節です。
しっかりと防寒対策をしてフィールドへ出かけて下さい。


★冬季ガイド特別セール開催中

12月~2月末まで



1名 25,000円
2名 30,000円

7時~16時まで。

釣り納めや釣り初めにどうぞご利用ください!



★最新ガイドスケジュール★

12月
11(金)、13(日)、14(月)、15(火)、17(木)、18(金)、

19(土)、20(日)、21(月)、22(火)、23(水)、24(木)、

25(金)、26(土)、27(日)、28(月)、29(火)、30(水)

1月、2月も募集しています。


★ガイド申し込み★ 

☎ 090-4125-0319 オガワ直通
✉ bigfish.k696@ezweb.ne.jp メールアドレス

メールにての申し込みは日程、人数、お名前などを
記入していただき返信があり次第、予約完了となります。

ガイドボート  スーパーホーク1900
         オプティマックス200

集合場所   ミックバスクラブ 大津市苗鹿3丁目227

 

 

TOP OF THIS PAGE