HOME < PRO STAFF BLOG < 小川美裕 美裕ジェーン



title

桜咲き春本番!
遂に4月となり、それと同時に大津界隈の桜も咲き始め琵琶湖からの眺めも格別に季節が到来しました。

琵琶湖疏水や自衛隊の桜は湖上からも眺められるので気分がイイです(^^)

そして、琵琶湖の水温はシャローでも14℃近くに達し次の大潮でもかなりのバスがさしてくる気配が濃厚です。
バスにとって大切な季節の始まりです。
桜が咲く前は釣果も安定せせづらくパターンも日替わりの日が続いていましたが、今後は安定した釣果を望めるシーズンの到来です。
さて、ガイドでは釣果が安定しないときの切り札としてライトリグが重要な役割を果たしています。
特に春のプリスポーンの時期はウィードがやっと新芽を出し始めて背丈も低い状態でライトラインでも潜られたりする心配がないので、ドラグをしっかりと使うことでビッグバスでも取り込みが可能です。

アンクルゴビー3のマス針ちょんがけダウンショットで。

ラインは5ポンドを使用していればいざという時の特大サイズのバスにも充分、対応が可能です。

2.7キロのビッグバスはイール5.5ネコリグで。

ライトリグでビッグバスをかけた時は、一にも二にもあわてないことがランディングへの第一歩です。
周りにストラクチヤーがないならバスが走ったら好きなだけ走らしてあげればいいんです。
後は竿さばきで飛ばせない、首を降らさないことに注意していればファイト中のばらしは激減させることが可能です。
ライトラインなのでバスと引っ張り合いっこすれば確実に切れます。
なのでラインブレイクを避けるためにもドラグの締めすぎには注意して、しっかりとドラグを使い切ることが重要です。
スピニングタックルでのバスとの駆け引きややり取りもベイトタックルにはない楽しい部分なので、苦手意識のある方は是非、この時期にトライしてみて下さい。
その他にも春らしい釣り方の釣果としてはスイミングジグの釣果が出ています。

モグラスイムジグ3/8で。

コツコツバイトや消える魔球バイトは一度味わったら病み付きですよ。
ヘビダンやテキサスなどのストロングスタイルの琵琶湖らしい釣りも今後は釣れ始めるでしょう。
春らしいビッグバスが釣れ始めた琵琶湖はこれからが楽しい季節の始まりです!


★ガイド料金★
1名 ¥38,000
2名 ¥43,000
カップル、夫婦および親子(18歳未満)の場合、
2名 ¥40,000でご案内します。

★ガイド時間★
7:00~17:00(シーズンにより変動します)

★集合場所★
ミックバスクラブ
〒520-0102
滋賀県大津市苗鹿3-227

★御予約受付★
☎ 090-4125-0319
✉ bigfish.k696@ezweb.ne.jp
メールでのお申込みの場合、お名前、日程、人数をご記入頂き、こちらから返信のメールが送信され次第、ご予約完了となります。

4月、5月ガイド募集中です。
GWの予約はお早めにお待ちしております。

 

 

TOP OF THIS PAGE