HOME < PRO STAFF BLOG < 大藪厳太郎の霞マジック!



title

JB霞ヶ浦3戦
みなさんこんにちは。
日曜日の第3戦は大雨のトーナメントになりました。



土曜日の前プラは一カ月ぶりくらいの霞ヶ浦なので、
増水している状況とテナガエビの産卵と言うこの時期の特徴を意識して、
シャローと沖を行ったり来たりのプラクティスをして見たところ。

1400g。でかいラージはやっぱり良いね!

私的結果はシャローはNG。
この時期ここでテナガパターンのバスが釣れないとダメでしょ!
と思う場所で全然バイトがないので試合は消去。

沖も絶好調ではないけど4本中2本が1400オーバー。
タイミング良くクォリティーバイトを引けたら「勝てる魚は確実に居る」ので浚渫ランガン勝負で決定。


スタートから2時間。
南岸浚渫の水深1m〜1.5mエリアをランガンするがバイトがない。
10時すぎにやっと来たバスは600g・・・狙ってるバスから1キロ足りないんですけど。

雨パワーでシャローフラット岩盤爆発は望めない感じなので、
狙いを 2mに変更しエリアも絞り込んで粘ると待望のビックバイト!

しかしネットイン直前ジャンプで1500オーバーをバラシorz
キャットか?バスか?早く見たい!と思うとダメですね。

まあその後はバスは掛からず終了。


今年のJB戦は良いリズムにならない試合が続いてます。


1位と2位はグットウエイトでしたが、全体的には予想外のローウエイト。
増水&雨が機能しない日だった事が良く分かりました。が、
梅雨に雨パワーが発揮されない霞ヶ浦ってどうなの!?と思うのは私だけではないと思いますw

 

 

TOP OF THIS PAGE