HOME < PRO STAFF BLOG < 大藪厳太郎の霞マジック!



title

第4戦4位!!
みなさんこんにちは。
大荒れの第4戦 北浦・霞戦が終了しました。



結果は4520gで4位入賞!!

早朝から北東の強風が吹き抜けメインパターンが
スタート前に崩壊する状況の中でなんとか、
次戦に望みをつなげる結果を出せた試合でした。


このサイズを5本揃えるべく入念なプラを行いました。が・・・



この試合を今年のA.O.Y.を占う試合と位置付けて、
プラクティスの大半を使った南岸浚渫エリアは全く使うことができず・・・Orz

無情な天候を呪いつつ、ここを凌ぐ為に急遽予定変更して
パートナーの平間選手のプラクティス情報もフルに使い戦いました。

朝から強い北東風が吹き抜ける北浦で「ヤバイ」と思案中・・・。

photo by Takeuchi

当初の北浦、ナサカ、北利根で手早く拾って霞本湖を目指すプランを変更して、
この風をプロテクトしているエリアで一番プラの感触の良かった
「北浦の爪木」で出来るだけ数を重ねてから霞本湖を目指すにプランに修正してスタート。

photo by Takeuchi

風裏の爪木も風裏の芯を外すと強風が吹き抜けており、
狙いの木ジャカエリアでのエレキ移動はエレキマックス。

非常に体力と集中力を削られる中、
イールクローラー5.5インチのネコリグをメインに2時間で
私と平間選手で2本づつ計4本をキャッチした時点で霞本湖を目指して移動。

できれば揃えてから霞本湖に行きたいので
ナサカと北利根の小場所をランガンすると
北利根の縦ストでガルプのヘビダンで1400gをキャッチ!!
思いがけないビックフィッシュが入り霞へ。

もしかしたら北浦と違い霞本湖はあまり風が吹いて居なければ良いな。
と少しだけ期待していましたが、
まったく変わらない強風が吹き抜けておりやれる範囲は東岸のみ。

プラで魚を触っているハードボトムを点々と回り
860gと入れ替えられないキーパーを釣ったところでスノヤワラアタック。

暴風の中で90分間モンスターチャレンジをしましたが
バイトも無くエレキのバッテリーが真っ赤になりステイ出来なくなりアタック終了。

photo by Tatsunori

帰りながらの釣りもバスはキャッチできず帰着。

バックアップのみでの釣果としては上出来の5本4520g!!

しかし、このコンディションでも6kg overが出るところがW.B.S.の凄いところ。

photo by W.B.S.

今回も高順位で終了しましたが、
年間争いが総ウエイトのW.B.S.ではウエイト差が最重要。
トップの小田島選手が今回も決して悪くないウエイトを
持ち込んでいるので全く差が詰められない試合でした。

photo by W.B.S.


メインタックルは
イールクローラー5.5と
7インチのネコリグ


第4戦を終えて暫定3位。
最終戦で約5kgのウエイト差を逆転するために
得意の秋のストロングパターンでおもいっきり勝負するつもりです!!

 

 

TOP OF THIS PAGE