HOME < PRO STAFF BLOG < 大藪厳太郎の霞マジック!



title

マリーナトーナメント優勝しました
みなさんこんにちは。

先週末のマリーナトーナメントに優勝しました!


今年は優勝がなかったので最後の準公式戦と位置づけている
タイフーントーナメントに優勝できうれしいです!
まあマリーナトーナメントにそんなにムキにならなくても・・・。と言うなかれ。

優勝は年間駐艇料無料に豪華賞品!
総額25万オーバーになるマリーナオーナーによる熱い熱い闘いです。


とは言え12月の霞ヶ浦は甘くない季節の試合。
過去10数年この時期での開催で甘い読みはことごく打ち砕かれてきた経験から、
二週間前のWBSクラシックのパターンは完全に凪に限る。と決め。
風対策のテトラや石積みのプラクティスを行いました。


結果はクラシックで釣れた石積みとアシで2本バスをキャッチ。
結局新たなスポットを発見できずに終了・・・。

前日の天気予報は風は弱い予報だったので、
朝一は牛堀エリアの石積みから始めて、
日が高くなってから古渡の浚渫。

攻め方は全エリア共通でメインルアーはドノーシャッド オリジナル。
浚渫はドノーシャッド ハイピッチだけれど、
他のシャローエリアは平日に吹いた強風でアシの枯れクズがボトム付近で舞い上がった状態で、
1mより深く入るとアシクズを拾いアクションに支障があると共に、
バスもアシクズを嫌っているであろう。と言う感じが、
リップライザー110に喰ってきたキロアップから感じたためでした。

過去最高の34艇での開催!

朝、ホテルを出てから北風が吹いていて、
これは浚渫は無理だろうな〜と思いつつスタート。

妙義水道から本湖に出てみると南岸はガンガン波立っていることを確認。

朝一のエリアを急遽変更して完全風裏になっている麻生ドックのテトラに入りました。

始めてすぐにパートナーにバイトがあり少し乗ったがバレ。
その後の1時間で私と合わせて6バイトあるがどれも掛からない。
その中でもシャッドでのバイトはバスだと感じるものだったので
風が吹いている間はここでステイする事に決め1時間、2時間、3時間と過ぎ気がつくと11時前に。

バイトも2時間以上ない状態だが天気が変わるまではこの場所で地合い待ちに徹していたところ。
11時過ぎに急に風が止んだタイミングで試合前考えていたメインエリアである牛堀の石積みに移動。

それまで完全に風下だった場所にある石積みなので、
少しウネリが残っているものの風は全く無くなっている。
風下だったためかベイトが石積みに吹寄せられた状態になっていて、
前日より魚探のベイトフィッシュの写りがゴージャス。

これは「タイミングを掴んだな」と感じ、
特定の場所がだけを1回、2回と流すもバイトはない。
でも、ここを釣るなら「今でしょ!」と言う感じがずっとしているので、
3流し目に入ったところでズドン!とドノーシャッド オリジナルに喰って来たのは、
1820gの超キッカーフィッシュ!!!


そこからまた流して4流し目でまたズドン!と来たのが1360g。

ドノー祭り!!開催中状態に突入しましたが、
ここまで来ると「古渡の浚渫に一度入らないと一年がモヤッとした感じで終わる!」と感じ、
ここで釣り続けた方が確率は高いと思いつつも浚渫へ。

約40分駆け足で気になっていた2つのスポットをやってみましたが、
何も起こらないので2本を釣った場所に再度戻り、
20分ぐらいやり1バイト獲りましたがキャッチに至らず終了。

3本のリミットは揃わず2本で3180g!

3本揃えた人には負けるかもな〜〜っと感じていましたが、
リミットメイクした方々のウエイトが伸びずなんとか優勝出来ました!


最後の最後に笑ってシーズンを終えられて良かった!

今年は告知が早かった為か参加人数は過去最高の34艇!
たくさんの人で非常に盛り上がった楽しいトーナメントになりました。
(勝ったから余計にね)


来年のサマートーナメントのポスターも早めに作ります!

2戦連続でドノー兄弟の炸裂でした!!

優勝は最高ですね♪

 

 

TOP OF THIS PAGE