HOME < PRO STAFF BLOG < 大藪厳太郎の霞マジック!



title

JB霞ヶ浦第3戦
みなさんこんにちは。


先週末はJB霞ヶ浦第3戦でした。
先々週のチャプター霞ヶ浦で優勝した感触から、この試合は浚渫で優勝が決まるだろうと感じつつ、
前週はWBSの練習で桧原湖に行き、2週間ぶりの前日プラで試合でやるであろう場所を軽く触ると、
3本で4kgぐらいのバスが出てきて「後は自分次第」と感じ早々に練習を切り上げました。

JB戦は気になる場所をあれこれやる時間がないので、エリアを3箇所にしぼりました。
・とある人気のない南岸浚渫
・チャプターで優勝した西ノ洲の2つの岬
・古渡のとある100Mぐらいの壁

釣り方は、
ゴブリン1/2ozにダットカットのフットボールパターンと、
セルペンティ ブッシュサーペントを使ったキャロ。

セルペンティ ブッシュサーペント

待ちに待ったセルペンティ ブッシュサーペントは浚渫でのキャロにすごい良いです。
MHのバットパワーと、そのパワーを感じさせないティップからベリーのしなやかさが、
5〜7gキャロのシンカーをスタックさせることなく、
程よい引っかかりと舐めるようなトレースを実現してくれます!

4フィンガーで持ちやすいフォアグリップがキャロでうれしい!

スタート直前まで「人気のない浚渫」と「西ノ洲」で悩みましたが、
「同じリスクなら勝てる可能性の高い方を」という考えから、
釣れれば独占できる人気のない浚渫からスタートすることに。


予定どおりに人気のない浚渫から始めるも、
残念ながら40分やってノーバイトなので西ノ洲へ。

西ノ洲はボートの位置でブレイクラインがわかるほどの賑わい。
入りたいキースポットには当然先行者がいるので、
その間の場所をテンポ良く打っていくがバスはキャッチできない・・・。
そうこうしているうちにステイするのもキツイほどの強風が吹き抜けるコンディションになりキャロパターンは終了。

1時間30分でもう一度朝一の場所に戻り30分やるが全く反応がない。

3番目の古渡のブレイクに行くとキーストレッチのセンターに先行者が、、、。
ある程度長いブレイクなので一番端の通称「厳太郎コーナー」に入る。

その後しばらく先行者とポジションを変えながら並んで釣ることになりましたが、
相手が本戦のウイナーですでに揃っていたことなどつゆ知らずでした。

ここで初めてダットカットの腕をちぎられるバイトを得るがキャッチできず1時間弱で西ノ洲へ移動。

残り時間を最後まで西ノ洲に使うことを決めバイトの出た古渡のブレイクと同じ風と直角になる波の当たらないブレイクにしぼり強風に負けないフットボールで攻め続けると。

11時20分すぎにまたしてもダットカットの腕を取られるバイト。
切れることなく集中して攻め続けると11時50分に待望の1本目。

その後12時20分に超浅いフラットでスイミング中に、
強烈なバイトがあり反射的にアワセを入れましたがすっぽ抜け。
すっぽ抜けた後バスが激しく反転して作った渦の中に見えた背中はかなりのサイズのバスでした・・・。

1本1218gで23位。

優勝を狙っていた試合でしたので惨敗でしたが、
表彰式で結果を知り「魚は探せていた」と分かったので、
勝つためにより高いリスクを取った結果なので仕方ない。と思えたので、
自分的には試合内容に納得できました。

そんな訳で気持ちを切り替えて今週末のWBS桧原湖戦に気合を入れて挑みます!!

 

 

TOP OF THIS PAGE