HOME < PRO STAFF BLOG < 大藪厳太郎の霞マジック!



title

JB霞ヶ浦 最終戦
みなさんこんにちは。
先週のJB霞ヶ浦の最終戦は3位フィニッシュ!!
JB戦もお立ち台に乗ることが出来ました。


今シーズンのJB戦はエンジン故障で棄権するなどのトラブルや、
それ以外でもいろいろあり噛み合わない試合が続いていたので、
最後に結果が残せて良かった。と言うのが素直な感想です。

今回の試合はバイト少ないが掛ければサイズが狙える
ビックミノーをメインにしたハードベイトパターンが機能し始めたことと、
このパターンの要でもあるローライトコンディションという条件も揃いそうな天気予報だったので、
ストロングパターンのみで押し切る覚悟で試合に挑みました。

いつもどおりの長蛇の列でスタート。

優勝を狙うには3本で4kg近くは必要だと考えていたので、
朝一からサイズの出る西の洲に入り天気予報の9時からの雨を待ちながら、
クランクを中心に釣り始めるとすぐに2本(500gと400g)をキャッチ。
クランクでも釣れれば普通はキロぐらいなエリアでのあまりのスモールサイズに、
釣れているのにも関わらずかなりの不安感を感じていると待望の雨が到来。

早速、フットマジックに持ち替えて少しすると、
先ほど400gをキャッチしたシャローフラットでビックバイト!
ググーッ!と反転するので巻き合わせをしっかり入れると、
水面が激しくヨレましたが2~3秒でフックオフ。

バラした周辺をしばらくやって雨が小降りなったので雨を追い古渡に移動。
古渡でも同じようにシャローフラットをランガンすると今度はIK180にかなり良い感じの手応え。
ファイト中もバスだろう。と思える引き方なので、
慎重にファイトしていたのですがこの魚も途中でフックオフ・・・。

そうこうしていると雨が上がってしまい時間も10時近くなったので、
この時間までに揃って無かった場合のBプランどおり
この試合のバックアップポイントと考えていた
西浦のハードボトムポイントである通称スナックひろこへ。

ここの場所は友人の平泉氏に言わすと「THE昭和のポイント」で、
今時は通常の休日でもお客さんが居ないのが普通なのに、
試合当日なんて誰もいる訳がない田舎のスナック的なポイント。

そんなポイントなので到着すると当然空いていて、
ここで一息つきたいなとエレキを下ろして釣りを開始。
初めて、ふと岸側のドックを見るとTOP50の方が・・・。
昨年もこの田舎のスナックパターンでバッティングを繰り返しているので、
ここも間違いなく叩かれた後だな。と察して、
ワーム系で粘ることは止め、晴れていたのでクランキングを20分ほどして、
ラッキーにも500gを一本キャッチできたので南岸浚渫に戻りました。

戻って見るとメジャーポイントはすごいボートの量。
これではバスをがスプークしていると感じ、
なるべく人の居ないシャローを メインに点々とランガン。
いよいよ時間も無くなって来た終了40分前ぐらいに、
晴れてから使っていなかったフットマジックに持ち替えて見ると、
すぐにグイッグイッと来るビックバイト!
このバスは無事にキャッチできなんとか意地を見せることができました。

2kg overで、3本3128g。

実は今回の試合も自分の不注意でいろいろな事がありましたが、
皆様のお陰で無事に終えることが出来ました。
お世話になった皆さまありがとうございました!

2kgとフットマジック
※デッキカーペットは雨でビショビショな状態で撮影しています。



<タックルデータ>

メイン1
ルアー:リップライザー130 フットマジック
ロッド:スタリオン
ライン:東レ エクスレッド13lb

メイン2
ルアー:IK180 / IK250
ロッド:スーパークーガー
ライン:東レ エクスレッド12lb

 

 

TOP OF THIS PAGE