HOME < LOVE Fish < LOVE Fish? From Abroad

 

更新日 2016.11.16
【ヒットルアー】 イールクローラー 5.5inch
hit lure
#S-248 イマエグリーンパンプキンペッパー
Length:5.5inch class
釣行日 2016.11.10
FIELD カリフォルニア州 San Vicente Lake
HIT LURE イールクローラー 5.5inch
WEB NAME 大手町商事代表取締役 さん
「大手町商事、世界を釣る」シリーズ第3弾!のつづき。
じつは成田空港で事件は起こりました。大手町商事専務取締役が「社長、さっき本屋にイマカツがいましたよ!」と大声をあげて帰ってきました。慌てて本屋を探すと・・・専務、それはモリゾーやんけ。いくら名古屋の人間だからってキッコロと一緒にしちゃだめ。


そして話はサンディエゴへ。今回の釣行の目玉はこちらのレイク。どうやらダムサイトの工事のために8年間クローズされていたという。スレていないバスは何を投げても釣れるという噂を聞きつけて向かいました。


ギウパップでどっかーんかな?モグチャにばっちゃーんかな?ステルススイマーにごっつーんかな?レイクのそば、釣具屋によるとライブベイトを買う人達・・・アメリカルアーはそんなに釣れないのかねぇ、こっちはmade in Japanだから大丈夫!って思って釣行を開始したら、シブいことシブいこと。そのうえものすごいクリアで15mの底が良く見えます。もちろん、ルアーを無視して泳ぐバスの姿も。
そんな中、琵琶湖の北湖で鍛えたディープのイールクローラー。これしか食わせる自信がありません。


運よく、ダウンショットのイールがバスの目の前に落ち、クロールします。何度も言いますがクリアで見えるんです。
そう、見えるんです。くわえるところも。
しっかりくわえたのを確認したところで巻き合わせ、琵琶湖でドラグジージーやっといてよかったぁ。
上がってきたバスの体系は少々スリムながら50cmありました。

今回は日本の食を広める仕事で渡米し、釣行しました。

米国人には和食を、そして米国バスにもウナギという和食を味わっていただけたことと思います。
バスフィッシングは世界を結びます。あんまり英語話せないけど、ボートの上ではだいたい身振りで通じます。
これを「Love Fish?」というんじゃないかなあと思って帰国の途に就きました。





更新日 2016.11.12
【ヒットルアー】 小南ギルポップ
hit lure
#548 3Dメスギル
Length:120mm Weight:1.6oz class
釣行日 2016.11.09
FIELD カリフォルニア州 Diamond Valley Lake
HIT LURE 小南ギルポップ
WEB NAME 大手町商事代表取締役 さん
「大手町商事、世界を釣る」シリーズ第3弾!
今回はロサンゼルス出張に絡めて本場アメリカでバスフィッシングをたしなんできました。


ロサンゼルスから郊外へ2時間、見慣れない大自然を走ると巨大なスロープが見えてきました。
一度に何台ランチングできるのでしょう。
さぞかしでかいバスがうようよしているであろうと思って釣行前のミーティングでガイドと打ち合わせ。
ガイドがいきなり、「Do you know PPAP?」おいおいお前もかい・・・しかも釣り方を聞くと気温が30度近いのにドロップショット(ダウンショット)だという。
アメリカの釣りってもっとダイナミックじゃないんかい?
クランク巻いたりスピナベ巻いたり、チャターにバスが襲い掛かるんじゃないんかい?ってガイドに聞くと、「朝の時間だけならトップもいけるかもよ。アポーペーン。」との事。
どこまでも陽気なガイドを尻目に、結んだルアーは小南ギルポップ。
ガイドが聴く。
ガイド:「なんだいそのルアーは?」大手町:「Yes,コミナミギルポップ!」ガイド:「Oh~!コギナギギウパップ!」
広い広いレイクのシャローエリアで私はギウパップを投げました。
キャストする私の後ろではエレキを操りながら耳障りな歌をうたうガイド。(I have a pe~n. I have an apple. u~n appope~n)するとフルキャストした先でギウパップに襲い掛かるバス。着水後のプルプルタイムのバイトでした。
落ち着いてフッキング。巻いてくるものの重さがない。あれ、バレたかな?と思ったら大きなレイクで小さな小さなブラックバスは25cm。


アメリカ大陸での初バスは自分の体くらい大きなギウパップを食べた勇敢なバスでした。後ろから聞こえる奴の歌声・・・pen pinappo appope~n
初めて釣ったギウパップバスに感激しながら第3弾の続きとなるサンディエゴへ向かう・・・





更新日 2016.10.06
【ヒットルアー】 ソルティソニック for BASS 12g
hit lure
#MV-24 イマカツレモン
Length:60mm Weight:12g
釣行日 2016.09.24
FIELD 台湾 高雄 管理釣り場
HIT LURE ソルティソニック for BASS 12g #MV-19 メタルハス
WEB NAME AQUA さん
こんにちは(^_^)
台湾フィッシングガイドサービスAQUAです!!

毎回お約束になっておりますが、やっぱり困った時のお助け的存在なルアーが「ソルティーソニック」シリーズとなります。

何故、毎回「ソルティーソニック」シリーズを使用するかと言うと、
明らかなに他のメタルバイブレーションルアーよりも釣れるからです!!
最大の違いは、スリム形状にも関わらず大きく水を動かす事が可能な形状と、
適度な振動がバラマンディには効果的なようです。
スレにくいのも特徴の1つです。

バラマンディ62cm

特にスイミングとリフト&フォールを多用する事の多いバラマンディにおいては、スリム形状に圧倒的な反応が出ます。

体高幅のあるメタルルアーの方が、バラマンディが捕食しているティラピアに似ていますが、
動きや振動は「ソルティーソニック」が好みなようです。
更に「ソルティーソニック」シリーズの形状はスリム故に、ロッドアクションに即反応してくれますので、
3〜5cm動かしたいという繊細な動かし方にも対応しております!!

年中効果的なルアーですので、必ずボックスに入れておいてほしいルアーです♬
それでは失礼致します。





更新日 2016.09.21
【ヒットルアー】 フィネスフロッグ
hit lure
#S-361 ハイビズ土蛙
Length:3.5inch class
釣行日 2016.09.15
FIELD バンコク(パイロット111フィッシングパーク)
HIT LURE フィネスフロッグ
WEB NAME 大手町商事代表取締役 さん
「大手町商事、世界を釣る」シリーズ第2弾!続きです。
LoveFish?なオカマは隣の池を指さし、CatFish!CatFish!と言っています。
どうやらアジアンレッドテールというナマズが釣れるそうです。
エサは主に蛙、それならフィネスフロッグが良いだろうと思ってバラマンディを仕留めで気をよくした私はそのまま隣の池に移動しました。
タイの食事が口に合わない私は、ランチもほとんど食べない中、釣りをしていたのでだいぶ疲労していました。


フィネスフロッグを投げる。アクション、回収。そしてまた投げようとしたときに現地係員がザワザワしています。
どうやら餌を撒く時間との事。
すると今まで静かだった水面が、ものすごいことになっています。餌より多くの魚が水面を割っています。


目の前のフィーバータイムに合わせてフィネスフロッグを「ポトン」と落とすと2号のPEラインはギュイ――――――――ンと持っていかれました。
手前から真ん中まで、おそらく4~50mは出て行ったと思います。しかしナマズはバラマンディのように見事なファイトはありません。
ヌメッヌメッと首を振って泳ぐ感じでラインは引っ張られます。やっとのことで近くまで寄せると、まだまだナマズは元気のようで、
ギュイ――――――――――――――――――――――ンと持っていかれました。
手前からほとんど対岸まで、おそらく8~90mは出て行ったことでしょう。
ギュイ――ンとか、ギュイ――――――――ンとか、ギュインを繰り返すこと10分、ようやくランディングして上がってきたのはたまに熱帯魚屋で見るナマズ。
カエルで仕留めたナマズは80cm、オカマが言います。「もっとでっかいナマズ釣れるとこ教えてあげるわっ」


翌日、参考記録ながら別の釣り堀へ出向いた私のターゲットはメコンオオナマズ。
「参考記録」というのもこの釣り堀、完全に練り餌で釣ります。
しかも雇ったガイドがボロボロのGTタックルで練り餌を付け、投げ、浮きが沈むと騒ぎ、そのくせフッキングまでして渡してくれるという釣り人には少々物足りないアトラクション。
しかし釣れる魚はでかく、しつこいようですが「練り餌参考記録」のメコンオオナマズは147cm30kgの大手町商事の人生最大魚でした。
上がったナマズがヌメヌメしていることは想像いただけるかと思いますが、それを抱き上げろと現地ガイドがはやしたて、友人が記念にどうぞと言い出すと
やらないわけにもいかないなと思いながら満面の笑みになってしまうのが釣り人の性です。

ナマズ(アジアンレッドテール?)約80cm

メコンオオナマズはイマカツルアーを使ったLoveFish?なものではありませんが、この臭~いヌメヌメな魚を抱く私はある意味LoveFish?
茶色いシャツは乾くとともにものすごい異臭を放ち始めたため、捨てて来ました。





更新日 2016.09.20
【ヒットルアー】 ステルススイマー
hit lure
#S-378 スポーニングハス
Length:160mm
釣行日 2016.09.14
FIELD バンコク(パイロット111フィッシングパーク)
HIT LURE ステルススイマー
WEB NAME 大手町商事代表取締役 さん
「大手町商事、世界を釣る」シリーズ第2弾!バンコクでバラマンディを釣ってきました。
いろんなサイトを見るとバンコクでバラマンディは何投げても釣れる的なサイトから、半日頑張って1匹的なサイトまでいろいろあり、
釣行が近づくにつれて旅行鞄の中に占めるルアーの数は増えてきました。
しかし我々が訪問したところはどうやら後者のようでした。
中にはフィネスな釣りで50匹以上釣ってる現地人が居ましたが、今回持参したルアーはすべてIMAKATSUで、しかも大型ルアーのみ。
その中で、どうしても釣ってきたかったのが「小南ギルポップ」でした。

9月の小南ガイドで習った通りにギルポップをキャスト・ステイ・ジャークを繰り返すと、ドカーン!でましたバラマンディ。
一発目のバイトにも落ち着いてフッキングが決まると強烈なバラマンディのファイトが始まりました。
事件は起こりました。
リールシートからベイトリールが外れました・・・それを直している間に一発目のバラマンディはサワディークラップ(さようなら)

リールを今まで以上にきつくシートに取り付けて、気を取り直してキャストを開始。
二発目のバイトにも落ち着いてフッキングが決まり、強烈なバラマンディとのファイトが始まりました。
そしてまた事件は起こりました。
完全に針が延ばされて、2発目のバラマンディもサワディークラップ(さようなら)


もうギルポップの替えのフックはありません・・・

そこで取り出したのはステルススイマー、何度か投げるとPEラインを伝ってものすごいアタリがあるけど乗らずに悔しい思いをしていると、隣のフィネスな現地人がアシストフックを付けなさいとのこと。
そしてボトムをゆっくり巻くとアシストフックに見事にフッキングしたのが写真のバラマンディです。


バラマンディは力が強く、バス持ちして写真撮ろうとしましたが首を振る魚は危ないので地面で撮りました。


最後に、フィネスな現地人に手持ちのステルススイマーを全てプレゼント!
彼はきっと使いこなしてバンコクにIMAKATSUの良さを広げてくれるだろうと思ったんです。
そしてこの言葉、
大手町・「LOVE FISH? Do you enjoy it?」
現地人・「YES、of course!」「コップクンカー」
大手町・!!?「カー」ってオカマやんけ!

翌日、ナマズ釣りへと続くのでした…





 

 

TOP OF THIS PAGE