HOME < Love Fish KINGDOM






【選考理由】
11/19にダッドカットで釣られた58cmを筆頭に断トツの安定した釣果に加え、
ベラーでのダメ押しフィッシュ。
昨年惜しくも2位だった折に次年度の課題とされた様々なルアーの可能性にも果敢に
チャレンジされ、ルールの徹底確認&遵守と参加者への注意喚起、
圧倒されるレポート力は流石でした。
その上でなんと言っても「誠実さ、真面目さ」がROBOさんの投稿からは感じられました。
釣果もさることながら、仕事と家庭も大切にしておられ、審査員全会一致で
西のキングに選ばれたのも納得の結果です。
また、個人的にはグランドスタリオン、キングサーペントの一般モニターとして、
的確で、デザイナーも唸らせる専門知識にはEGからも極めて高い評価を頂いています。
来年は3シーズン目となりますが、是非ともLFKD永久シード目指して頑張って欲しいです。
更なる成長と飛躍を期待しております。
【選考理由】
東のキングも今年は審査員全会一致で文句なしの決定です。
あのスーパーメジャー河口湖、芦ノ湖を決戦の舞台に選び、唯でさえ超絶難しい舞台に、
既に冬の気候にもかかわらず毎日のように通い詰めた情熱、
そしてしっかりと結果を出されたのは誰が見ても東のキングに相応しいと思います。
開幕後すぐに芦ノ湖にてアライブチャターでブリブリの46.5cmを仕留められたのには
驚きですが、結果的にそのバスを入れ替えられたのは文句のつけようがありません。
釣り背景に湖と富士山を入れる構図、ルアーのバリエーション、破顔一笑の楽しげな笑顔、
初参戦にしてキング獲得はMatsuさんのサポートも大きかったと思います。
そのQUEEN・Matsuさんすらも僅か1年で超えられましたが。
これで満足せず、来季からの更なる活躍に期待します。  







 

【選考理由】
当初はROBOさんの圧勝かと思われた西のキングでしたが、
中盤~後半の驚異の巻くり上げで、首位に肉薄したのがokucchiさんでした。
なんと言っても12/5の琵琶湖釣行。57.5cmを筆頭の52cm、51cmを
独自にシンキングチューンしたギルソニで釣られたたけでも驚きでしたが
次の日の早朝に青野ダムにオカッパリ釣行された熱さ。
そしてキッチリ54.5cmという結果を残されたのには圧巻でした。
釣られた4匹連続50up、さそがし楽しかったことでしょう。そのことが伝わる投稿でした。
ワイルドさ、創意工夫、行動力はピカイチです。
来年は発信力と釣り仲間をドンドン増やして、いよいよキングへの挑戦ですね。


【選考理由】
昨年は惜しくも敢闘賞となり悔しい思いをされたと思いますが、めげずに期間中、
毎日のように釣りに行かれた熱い姿勢はとても高評価でした。
そしてその敢闘賞での私の出した課題、
「来季は霞水系にも挑戦してみてください。」というコメントに応えようとしていたのが
凄く伝わってきました。
その結果が「薮田愛」から出た?、あの、北浦本湖でのマグナムギルソニックでの
「寒鮒パターン」に繋がったと思います。これは正直、自分も驚きのパターンでした。
同時に昨年は覆面単独釣行がほとんどでしたが、
今年は各方面のアングラーとの交流が目立ち、LFKDの目的の一つ、
「釣友増殖計画」も見事に達成されていますね。
来季LFKDシーズン3は是非、琵琶湖で50UPを交えてキングを狙ってください。





 


【選考理由】
今年、誰よりもこの1ヶ月間LOVE FISH!されたのはこの方ではないでしょうか。
そう思わせるあの笑顔はとても印象的でした。
LFKDをモニター選別会と考えている方にはあの笑顔はできないと思います。
ただあの笑顔の裏に確実に結果を残したいという気持ち、
釣りへの熱意は釣果からもヒシヒシと伺えます。
okucchiさんとの差は実は釣果差以上に僅差でした。
その理由は投稿写真の高いレベルと個人ブログの見やすさ、発信力にありました。
一番、ルアニューで掲載したくなる写真でしたね。またどの釣果にも同行者がいること。
それにより写真の構図、場所の明確さでは全投稿者の中で1番でした。
本来ならokucchiさんと同率2位にしたいくらいですが、
薮田のおかげで発売が遅れまくったギルソニシンキングの威力を自分に代わって
証明してくれたokucchiさんに僅かに軍配が上がりました。
【選考理由】
サイクロン野口さんは特別にリミットをサイズでの基準にはしていません。
それほど河口湖でのビッグベラーでの釣果は高得点でした。
ちんぺーくんさんと同じく、昨年の課題をしっかり理解し、
今年に生かそうという気持ちはとても伝わってきました。
特に管理釣り場中心だった昨年から、霞水系や河口湖、
そして琵琶湖といったメジャーレイクに主戦場を移し、仲間と共に試行錯誤しながら
投稿をコンスタントに続けたことにLFKDSPIRITを感じました。
今後は管理釣り場で鍛えられたフィネスはかなりのレベルに達しているので、
釣りのスタイルに独創性とワイルドな開拓精神を加えていって欲しいと思います。
池ドボンにはくれぐれも気をつけてください。




【選考理由】
ROBOさんと似て、とても綺麗な釣り、投稿をされるスタイリッシュさが印象的でした。
今江的ファッションチェックランキングは1位です。
ファイナル初日の58.5cmというスタートダッシュには驚きました。
コンスタントに投稿されてましたが、トーナメンターのような、
堅実で一見クールに見えるところが上3名とのインパクト差になりましたね。
でも、実際はYoshiHRさんには異常釣欲と、秘めた負けず嫌いさは
上位3名以上にアツいものを感じます。
事実、実戦能力も相当なレベルだと思いますので、今後は独創的なスタイルの確立と、
Roboさん同様、LFKDの模範的かつ、カリスマ的存在になって欲しい存在だと
期待しています。

【選考理由】
この時期によるファイナル開催は東北勢にとってはとんでもなく厳しかったと思います。
その中でもボーズ上等、ノーフィッシュを恐れずファイナル期間中
13日間も釣行を敢行された情熱、同じ東北勢でも大健闘されたR9さん、3105さんより
頭一つ出た結果は素晴らしいと思います。
福島県在住と言うことなので、来季は是非、メジャーレイク桧原湖のスモールマウスにも
挑戦して欲しいですね。桧原湖もガイドアングラーは多くいますので、
桧原湖のビッグラージやビッグスモールをガイドでもウェイインできれば
メジャーレイク評価がぐっとアップします。
檜原はガイドでもビッグラージは琵琶湖以上に超高得点ですので。
次のステップとして、LFKDEAST上位入賞のキーであるメジャーレイクチャレンジを
頑張って欲しいと思います。





 


【選考理由】
スタートダッシュに遅れましたが11/16のIK-500R2で釣られた46cmをきっかけに
エンジンがかかってきました。
琵琶湖レンタルボートでの55cm、薮田プロガイド釣行での53cmはなにより、
バスだけでなく、そして何よりいろんな魚種をイマカツルアーで本気で楽しむ明るい笑顔は
とても好印象でした。釣りに対する姿勢、スタイルにとても好感度がもてます。
シーズン投稿もコンスタントで、昨年度敢闘賞からの遂に5役昇進です。
来年はホームの青蓮寺湖でモリゾー以上の釣果をファイナルで投稿できれば完璧です。







【選考理由】
もしサイズのみの基準で順位を決めるならまず間違いなく圏外です。
また、ルアマガミュージアムの帰りに食べたラーメンが旨かったから忖度したわけでも
ありません。
入賞の決め手は何よりとてつもなくアツい情熱と激アツすぎる文章量。
毎回、読むのがうんざりするほどの文章の長さと写真の多さから、
釣りに対するとてつもない熱い気持ちが伝わってきます。
1人でラーメン店を経営する傍ら、この文章量を深夜にスマホで書いている姿を想像すると
泣けてきます。それほど釣りが好きで、その楽しさを誰かに伝えたいのだと。
しかもバスが小さいしボーズ多すぎ…
しかし、これぞ釣果最優先主義ではないLFKDのSPIRIT、楽しみ方の最たる例だと
思います。
最後までTAKAMASAさんと悩みましたが、彦根港のローカルルール確認不足の差で
ミスター利根川さんの情熱が一歩勝った結果です。
来季ももう少し短くても良いので楽しい投稿を続けてください。


【選考理由】
惜しくも2年連続敢闘賞となったキリちゃんさん。
ショローの同年代として応援していますが、今年は新人に手強い相手が多すぎましたね。
若い人達の行動力と笑顔に今年も惜しくも敢闘賞です。
実は敢闘賞はバンちゃんさんと大接戦でした。
バンちゃんさんも十分に敢闘賞候補だったのですが、同じ琵琶湖で、
キリちゃんさんは受賞歴があったこと、そして前年度ファイナル最後の1尾で
勝負が決しました。あの寒波の中、オカッパリでのラストビッグフィッシュは
これぞLFKD魂を見せていただきました。


【選考理由】
事実上、今年はEAST3位入賞相当の投稿内容、情熱、釣果とも申し分ありませんでした。
ただ、惜しむべきはGC期間中の投稿写真の1つが彦根港ローカルルール未確認での
ルール違反の指摘・・・。
ただ彦根港のローカルルールは法的拘束力のあるものや土地所有者権限ではなく、
地元釣具店有志が旧彦根港の一部歩道からの釣りを自粛するのため
ネット公知していたもので、すぐに自己申告し、ブログで謝罪されたことにより
意図的でなかったと判断いたしました。
妹さんに初バスを釣らせたかった気持ちが勇み足になってしまった事も理解できました。
今年は多くのLFKD仲間とのセッションも増え、釣りの独創性も高いTAKAMASAさんには、
是非、来年こそTOP3ランクインを目指して欲しい気持ちから敢闘賞としました。  


【選考理由】
昨年5役だったノッチさん。今年は人事異動もあってなかなか釣りにいけず、
相当苦労されていました。
ノッチさんが敢闘賞入りした原動力はWEST入賞者唯一の
「琵琶湖なしでのLFKDチャレンジ」である事。少ない時間で、キッチリとビッグフィッシュを
早々に揃えてきたところは、さすが昨年の5役です。
ここに七色や池原での投稿が混ざれば、上位琵琶湖組みと互角以上の
勝負が出来たと思います。
来季は是非とも七色、池原と言ったメジャーリザーバーでの活躍、
そして5役復活と永久シード権獲得を期待しています。
フラッシュニードルのアップデートアイデアがあれば是非ご一報ください。
【選考理由】
もりもりさんと最後まで東北勢として競い合っていた3105さん。
西のYoshiHRさんと並ぶスタイリッシュ&イケメンアングラーで、積雪の中、
素晴らしい釣果を投稿されていました。
また関東イマカツスタッフ忘年会にご夫婦で参加されるなど、
まさにLFKD SPIRITに相応しい東北を代表するアングラーだと思います。
ただ惜しむべくは3105さんも「ルアーはイマカツルアーに限る」と言うルールを見落とし、
スピナーベイトのトレーラーが他社品だったことが5位との明暗を別けました。
一昨年も同じケースが散見され、今季は明確にルール化しただけに残念でした。
来季は是非とも、再度東北代表としてベスト5入りを狙って欲しいと思います。
十分にその資質と実力を兼ね備えたアングラーだと思います。








【選考理由】
もはや投稿暦、入賞暦とも文句なし。過去最多入賞者。
今季ファイナルはやや不調でしたが、自分の未体験な課題に果敢に挑戦されていました。
既にLFKD一般モニターとしても存分に活躍されており、偏屈俺様なところもありますが、
実力、行動力、発信力も既に一般アングラーの域を超えています。
来季よりLFKDのリーダーとして、またイマカツLFKD正規開発アドバイザーとしての
ご協力をお願いいたします。

【選考理由】
EASTの永久シード獲得アングラーは、今年は1名のみです。
古くから投稿されており、2016年LFKDチャンプも獲得。
実力、発信力、インプレ能力、リーダーシップ共に一般アングラーの域を超えており、
来季からLFKD永久シードアングラーとして、また新製品アドバイザーとして
認定させていただきます。
霞カレイドさんには是非、優れた後進の育成と、霞ヶ浦水系でのLFKD新人発掘に
ご協力していただきたいと思っております。 


【選考理由】
今季はご結婚を控え釣りに行く機会が作れないので申し訳ありません、、、と
事前報告までされていたヤスキチさん。
しかし、ご結婚後、キッチリとビッグフィッシュ3本をラスト直前に揃え、
本来はGC・WEST5位入賞でした。
参加者の中で過去最長のLF投稿キャリアを持ち、実力、TOP3入賞キャリアから
今季はLFKD永久シード、LFKD正規アドバイザーとしての選出となりました。
今後ともLFの長老・模範投稿者として、また開発アドバイザーとして、末永くご協力を
お願いいたします。


【選考理由】
u-maさんも投稿キャリア、2016西日本キング獲得、
そしてファイナル期間中37日間連続釣行、ボウズ上等すぎる上等など、
LFKDの模範中の模範ともいえるアングラーです。
既にジャバロンネオなどの一般モニターとしても的確で有益なアドバイスを頂けており、
このたび正式にLFKF永久シード&LFKD一般モニターに選出されました。
今後もLFKDチャンプとして後進の育成、LFKDファン拡大にご協力願います。




TOP OF THIS PAGE