HOME < PRODUCTS < Lure < GiLLROiD Boots Tail

  ギルパターンの頂点へ


ギルロイド ブーツテール Length:
ブーツテール 15.7cm Weight:2.6oz class
フラットテール 14.0cm
IS可変高速巻きを完成させた
ブーツテール搭載

新機構搭載型IS系ギルベイト
SGプラス・アンドロイド、そしてアユロイドで得たビッグベイトのコア技術を応用し、
今やなくてはならないパターンのひとつとなったブルーギルを忠実に再現。
全長14cmのコンパクトなボディながらボリューミーな厚みをもたせることで、
逆風下でも満足のいくキャスタビリティを得、バスの攻撃本能を刺激するリアリティを
手に入れました。




How to - 使用法 -


ギルタイプルアーでは新採用となるオリジナルブーツテールは、
スローなタダ巻きでの広範囲サーチに有効なほか、IS可変高速巻きに完全対応。
IS可変巻きとは、極スロースピードではI字アクション。
そこからの全開加速で「はたいて逃げる」ような激しいS字モーションにシフト。
その途中にタイミングよく「キル(急停止)」を入れて左右への慣性ヒラ打ちダートで食わせるテクニックで、
ほかにはない唯一無二の狂乱バイトを誘うことができます。

同梱のフラットテールはその場で回転するようなキレキレクイックダートを得意とし、
立木やストラクチャー際などのピンスポット攻略が可能になります。

「巻いて釣る」ブーツテール。
「点で誘う」フラットテール。

まったく方向性の違う2種類のテールが付属したユーティリティビッグギルベイト、
それがギルロイドBT(ブーツテール)です。




Detail - ディテール -
  • クイックチェンジャーハンガーシステム(PAT.P)
  • ジョイント・ショックダンパー(PAT.P)
  • テールは着脱可能です。ボックスで保管する際はテールにクセがつかないように外しておくことをオススメします。テールには挿入方向が矢印で表示してありますので、スムーズに取り付け可能です。 ※ 画像は分かりやすくする為に着色しています。
クイックチェンジャーハンガーシステム
(PAT/P)

ここにウエイトを追加することで、比重、レンジ、速度を思いのままに操作でき、あやゆる状況に
対応します。
ジョイント・ショックダンパー(PAT.P)
ジョイント部の下部にダンパーが装着されて
います。このダンパーはジョイントピンが
ネジ式になっている為、自由に取り外したり、
硬さを変えることで、 IとSの切り替わり具合を
調整することが可能です。
ゆっくり巻くとI字アクション、早く巻くと
S字アクションとアクションを自在に切り替える
ことができるのが、 最大の特徴です。
テールは着脱可能です。ボックスで保管する際はテールにクセがつかないように
外しておくことをオススメします。テールには挿入方向が矢印で表示してありますので、
スムーズに取り付け可能です。 ※ 画像は分かりやすくする為に着色しています。
ブーツテールの取付方法はこちら


ブーツテール取り付け方法
  • 1. Get a tail wet and insert half.
  • 2. Pull up the tail while pushing the bottom up.
  • 3. Move the tail up and down slightly to stay it in correct position.
  • 3. Move the tail up and down slightly to stay it in correct position.
1. 半分まで差し込む。
2. 支えている親指(画像では左手側)で
押し上げる。
3. 軽く上下に動かして、所定位置に馴染ませる。
強く大きく動かすとブーツテールは外れてしまうので注意。
  • 4. Check the position.
  • 4. Check the position.
  • 5. Insert pins or sticks into holes and cut excess of it. ( In picture, toothpicks are used. )
  • 5. Insert pins or sticks into holes and cut excess of it. ( In picture, toothpicks are used. )
4. 所定位置に収まっているか上下確認する。
5. ご家庭にある爪楊枝を左右から差し込み、余分な爪楊枝をカットして完成です。
爪楊枝を捻り込むようにすると上手く刺さります。
  • 6. Finish !
6. 余分な爪楊枝をカットして完成です。
Color Chart - カラーチャート - (3Dリアリズム)
  • ギルロイド ブーツテール #548 3Dメスギル
  • ギルロイド ブーツテール #587 3Dテラピア
  • ギルロイド ブーツテール #588 3Dピラニアナッテリー
#548 3Dメスギル
#587 3Dテラピア
#588 3Dピラニアナッテリー
  • ギルロイド ブーツテール #589 3Dフラッシュリザーバーギル
  • ギルロイド ブーツテール #590 3Dフラッシュビワコギル
  • ギルロイド ブーツテール #595 3Dフラッシュメスギル
#589 3Dフラッシュリザーバーギル
#590 3Dフラッシュビワコギル
#595 3Dフラッシュメスギル
  • ギルロイド ブーツテール #596 3Dフラッシュテラピア
  • ギルロイド ブーツテール #597 3Dリザーバーギル
  • ギルロイド ブーツテール #598 3Dビワコギル
#596 3Dフラッシュテラピア
#597 3Dリザーバーギル
#598 3Dビワコギル
  • ギルロイド ブーツテール #599 3Dハイビズメスギル
  • ギルロイド ブーツテール #600 3Dハイビズリザーバーギル
  • ギルロイド ブーツテール #601 3Dハイビズビワコギル
#599 3Dハイビズメスギル
#600 3Dハイビズリザーバーギル
#601 3Dハイビズビワコギル
  • ギルロイド ブーツテール #602 3Dチャートメスギル
  • ギルロイド ブーツテール #603 3Dチャートリザーバーギル
  • ギルロイド ブーツテール #604 3Dロングイヤーサンフィッシュ
#602 3Dチャートメスギル
#603 3Dチャートリザーバーギル
#604 3Dロングイヤーサンフィッシュ
  • ギルロイド ブーツテール #605 3Dフラッシュパンプキンシード
  • ギルロイド ブーツテール #606 3Dイエローベリーピラニア</div>
  • ギルロイド ブーツテール #607 3Dゴーストリザーバーギル</div>
#605 3Dフラッシュパンプキンシード
#606 3Dイエローベリーピラニア
#607 3Dゴーストリザーバーギル
  • ギルロイド ブーツテール #608 3Dゴーストビワコギル
  • ギルロイド ブーツテール #609 3Dゴーストメスギル
  • ギルロイド ブーツテール #622 3D琵琶湖グラスギル
#608 3Dゴーストビワコギル
#609 3Dゴーストメスギル
#622 3D琵琶湖グラスギル
  • ギルロイド ブーツテール #623 3D霞ヶ浦ギル
  • ギルロイド ブーツテール #624 3D淡路島コギル
  • ギルロイド ブーツテール #625 3Dゴースト鴉ギル
#623 3D霞ヶ浦ギル
#624 3D淡路島コギル
#625 3Dゴースト鴉ギル
  • ギルロイド ブーツテール #641 寒鮒 金
  • ギルロイド ブーツテール #642 寒鮒 銀
  • ギルロイド ブーツテール #643 寒鮒 チャートバック金
#641 寒鮒 金
#642 寒鮒 銀
#643 寒鮒 チャートバック金
  • ギルロイド ブーツテール #644 寒鮒 チャートバック銀
  • ギルロイド ブーツテール #680 黒崎鏡金鮒
  • ギルロイド ブーツテール #681 黒崎鏡銀鮒
#644 寒鮒 チャートバック銀
#680 黒崎鏡金鮒
#681 黒崎鏡銀鮒


Color Chart - カラーチャート - (シェルラミネート)
  • ギルロイド ブーツテール #548 3Dメスギル
  • ギルロイド ブーツテール #587 3Dテラピア
#633 3D琵琶湖グラスギル (クリスタルブラックシェル)
#634 3D淡路島子ギル (クリスタル日本アワビ)

 

 



<使用上の注意>
●ルアーの変形を防ぐため、高温多湿な場所や直射日光のあたる車内等に放置しないでください。
●フックに付いたウィードやゴミ等を取る場合、水面に叩きつける取り方はルアーが破損する可能性がありますので避けてください。
●イマカツでは出荷時に万全のチェック体制をとっていますが、もしルアーが真っ直ぐに泳がない場合は、
右へ泳ぐときはアイを左へ、左に泳ぐときはアイを右へ、ラジオペンチなどでわずかに曲げるトゥルーチューンをしてください。




●釣り以外の用途にご使用にならないでください。
●食用ではありませんので食べないでください。
●お子さまの手の届かない場所に保管してください。
●ご使用の際は周囲に人がいないことをご確認ください。
●パッケージは釣り場に捨てず必ず持ち帰り、決められた方法によりお捨てください。

 

 

TOP OF THIS PAGE