HOME < PRO STAFF BLOG < S.ABE Shallow Bomb

title

夏らしい釣り
遂に関東地方も梅雨明けとなりまして、連日30度超えの週間予報。熱中症に注意が必要な季節になりました。湖上の暑さにはかなり慣れているはずの僕ですが、今年は既に一度、熱中症一歩手前まで行っており、3時くらいから頭がガンガン、釣りを終えてからも頭痛は治まらず、こりゃイカンと水シャワーを浴びてエアコン全開にして急速冷却、からくもセーフといった感じでした。
この時期のガイドでは、ゲストさんが熱中症になるのが何より恐いので、かなり気を付けています。
具体的にやっている対策としては、

☆お立ち早め且つマメに休憩をとる
☆クーラーに氷とドリンクは最低2リットル用意
☆タオルや麦わら帽子で後頭部への直射日光を避ける
☆首に氷タオルを巻く
☆黒シャツNG

等ですが、一番効くのはラジエター効果のある首に氷タオルで、普通に釣り可能、というより涼しいくらいです。どれもかなり効果的ですので参考にしてみて下さい。

さてさて、すっかり夏モードに入ってきた湖での釣果の方は、バックウォーターのカバー攻略や本湖の湧水パターン、水温上昇に伴い浮き始めたベイトにつくバスを狙う宙層攻略など、夏らしい釣りが好調になってきました。


カバー攻略のメインとなっているのは超鉄板のベイトフィネスによるアベラバ・ツインガード+ゴビーを軸に、強目のガードの1~3gのJHにセットしたモジャオ、セクアンのネコリグ等を使ったネチネチ系喰わせの釣りと、フィネスフロッグやジャバロンを目につくカバーに出来るだけ距離を取ってスキッピングでバシバシ入れていく遠距離出会い系攻略法の2つです。遠距離攻略法はニュートラルな状態の魚にアプローチ出来る為、一発率が高いのが魅力です。


宙層攻略法として使っているのはベイトフィネスなら1.8g~2.3gのアベラバ+ゴビー、モジャオJHなら0.9g~1.8g。宙層の釣りの最大の肝は、バスの目線より上で釣りをする事で、バスの目線より下にルアーが入ってしまうと極端に反応が落ちてしまいます。アベラバやモジャオ等、抵抗でフォールスピードを殺しやすいネタでゆっくりとフォールさせる事もバイトチャンスを増やす為に重要です。


宙層の釣りでは、ピーカンベタ凪ならフィネスに喰わせ、曇ったり雨が降ったら一転してモグチャやバイブレーション等の巻物でガンガン連発!なんて事もある事も覚えておいて下さいね♪

アツい季節、楽しく乗り切りましょう!


アベガイド8月のスケジュール
8月
1、2、3、4、5、6、7、8、11、12、13、14、18、19、20、21、22、25、26、27、28、29日

ガイドのお申し込みは、お名前、希望日、連絡先を添えて
abe-guideservice@docomo.ne.jpまでメールにてお申し込みください
「ご予約確認致しました」の返信でご予約完了となり、後日こちらから打ち合わせのご連絡をさせて頂きます

場所 : 高滝湖
時間 : am6:00~pm4:00
料金 : 1名様30000円
2名様34000円
(保険・遊漁料込み、昼食別)

とにかく楽しく!をモットーにガイドを行っていますが、
トーナメントに出てみたい!
サイトフィッシングやビッグベイト等、テクニックを覚えたい!
このルアーで釣りたい!
勝負しろ!笑

等々、たくさんのゲストさんのニーズにも出来る限り応じます!
一緒に楽し1日を過ごしましょう!

 

 

TOP OF THIS PAGE