HOME < PRO STAFF BLOG < 小川美裕 美裕ジェーン



title

流れがあったらリップライザーやぁ!
まさに夏本番というような、うだるような暑さが続いている東京ですが、いかがお過ごしですか?
これだけ暑い日が続くとさすがに日中はバスからの反応も悪くなりがちですよね。
バスも人間と同じように、少しでも快適な居心地のいい涼しい場所に居たがるものです。
夏の基本的な攻め方としてシェードと流れを意識して釣りするといいですよ。

前回の養老川でのタックルセッティングは、'スタリオンにモグラアメショウ+ジャバロン”'リベリオンにリップライザー”といった二本がメイン。
まさにシェードと流れを意識して選んだタックルで、シェードとなるカバーにはモグラアメショウ、そして流れのある場所にはリップライザーと使い分けて養老川を釣っていました。
こうした考えの下にバスを狙えば、おのずと狙い場所も見えてくるので是非ともシェードと流れを頭に入れておいて下さいね。

そこで養老川でも活躍してくれたリップライザーの話を。
私自身、リップライザーを流れのある場所で使うのが大好きなのですが勿論、流れの無い所でも釣れるルアーです!
朝夕のフィーディングタイムや水面でベイトがピチャピチャと跳ねている時なんかは大チャンス!まさに使いどころです。
そんな時はリップライザーのネーミング通り、ライザーテクニックで攻めるのが効果的です。
ライザーテクニックがどうもマスターできないという人には、是非ともハイビズカラーがオススメ。

背中が目印。

実際にルアーの動きを目で確認してアクションを付けられます。
それでも難しいーなぁ〜という方、心配無用です!!ただ巻きでもめちゃめちゃ釣れますから(笑)
私の好きな流れの強い場所での使用方法としては、選ぶのは反射板の入っているタイプ。
早巻き、超早巻きは効果的なので憶えておいて損はないですよ。

反射板が引き付けます!

やや濁りのある場所では、ホワイトやチャートなどの膨張色がいいですね。

夏でも非常に有効なルアーなのでリップライザーで夏の釣りを満喫して下さい!

 

 

TOP OF THIS PAGE