HOME < PRO STAFF BLOG < 小川美裕 美裕ジェーン



title

ラインに対する基本動作の巻
今日はあらゆる釣りに絶対不可欠なラインの話をしてみたいと思います。
普段、バス釣りをされていて、必ずと言っていいほど何かしらのノットでラインを結ぶ行為を行っていますよね。
ラインとスイベル、ラインとフック、ラインとラインなど、それに適した好みのノットを使ってラインを結ばれていることと思います。
しっかりと結んだはずのノットがあっけなく切れてしまったり、しっかり締めこんだノットが抜けてしまったりした経験はありませんか?
ラインにとって一番厄介な存在が摩擦による熱なんです。
ほとんどの素材のラインにとって熱は天敵と言っていい存在です。
だからこそ、ラインを締めこむ際に起こる摩擦熱にはとても気をつけています。
ものすごくシンプルな方法ですが、ノットを締めこむ前にはラインを口に含んでラインを湿らせてから、ゆっくりと摩擦熱を起こさないように締めこんでいます。
たったこれだけの事ですが確実にノットの強度を確実に上げてくれます。

ラインの性能を100%発揮するためにも、マメなラインチェックやノットの強度をあげる努力は怠らないようにしたいですね。

カバーを釣る際には当然、ラインは何かしらにこすれている事が起こりますよね。
それがウッド系であったり、岩であったり、鉄骨であったりなどなど。
ラインは何かに干渉すれば少なからず傷ついていきます。
指でラインを挟んで、少しでもざらつきを感じたらその部分はカットして必ず結び直すように心がけています。

どれも、基本中の基本のことだと思いますが、基本を怠らない事がビッグフィッシュを取り逃がさないための大切なテクニックのひとつだと感じています。

 

 

TOP OF THIS PAGE