HOME < Field Report < Field News

DATE 2019.03.17
No information of lure.
FIELD 奈良県・池原ダム
WEATHER 晴れ
WIND 5m
HIT LURE ソルティソニックマッハ12g
Suppor Staff 安達 群真
寒さの残る池原ダムで行われたチャプター池原第2戦に参戦してきました。
image
image
皆さんこんにちは

フィールドスタッフの安達群真です。
3月17日に行われたチャプター池原第2戦に参戦してきました。
前週の木曜日まで暖かかったのですが金曜日から寒波到来でプリプラ時よりも水温が0.5度ほど下がっていました。
プリプラではバックウォーターでバスの姿が確認出来ましたが前プラでは確認出来ず、冬を引きずっている越冬バスをダッドカット3インチのテキサスで1匹釣ったのみ。

[前プラ]
前プラではシャローメインで魚を探して行きました。
白川筋、前鬼筋、備後筋、坂本筋全筋を見て周り、ベイトの多さ、水温、人の多さを確認していきました。
その中で1番雰囲気があったのは前鬼筋。
ベイトが多く、5~8mに落ちるブレイクにバスらしき映像が魚探に多く見られました。
シャローにもベイトが居て風がマシでした。
ですが人も多く近距離戦になることは間違いないと確信していました。

ディープでは白川筋の越冬場を丁寧に探れば釣れそうな感じ、勝負出来るバスを取れるのは前鬼筋。
前プラはざっくり分けてそのような感じでした。

[当日]
前日同様朝から風の強い池原ダム。

私が引いたフライトは11番。
最後なら白川筋に行こうと思いましたが早い段階でのスタートだったため前鬼筋に向かうことに。
ラッキーな事に前鬼筋に入ったのは私が3番目。

入りたかった太陽が当たる赤土の岬へ。
朝イチの水温が下がっていたためかサスペンドのミノーにチェイスどころかシャローに生命感がない。
なので5~8mに落ちるブレイクを丁寧に探っているとベイトの群れにバスらしき映像が!
手に持っていたソルティソニックマッハ12gをシューティング。
カラーはヒウオをセレクト!
着底する前にフォール中にバイト。
フッキングして上がってきたのは推定700gのナイスフィッシュ。
釣ったバスの中からベイトが大量に出てきました。
ベイトを食ってるバスには縦のリアクションよりも縦の動きにプラスして横の動きも出せるソルティソニックマッハがおすすめ!

無事ランディングをしてモーニングバイトをものにし、追加を目指すことに。

同じエリアでアンクルミノーのライトキャロ、ソルティソニックマッハなどで探るもバイトなし。
気付けば小さなエリアに大船団。

人的プレッシャーでバイトがなく、周りの選手もバイトが無くなっていました。
その後は橋脚を打つもダメで似たエリアを探るも無反応。
時間も無くなり帰着まで1時間となっていました。
ラスト1時間で選んだエリアは朝イチ700gを釣った前鬼筋上流。
相変わらず人は多い...。
エリアをシェアしてもらい追加を目指すことに!
恐らく私が場所を離れている間も多くの選手がルアーを通したと思うので、メタルバイブなどのリアクションよりもスローに探ってみることに。
選んだのは得意な釣りのひとつでもあるライトキャロ。
ルアーはアンクルミノー3インチ。
カラーは笹濁り&ディープ。の状況なのでスーパーブラックを使用。
極力ロッドを動かさないことを意識してゆっくりドラッキング。
このエリアに入ってすぐにベイトの群れに遭遇。
と思った矢先、グンッと重たくなるバイトが!
フッキングすると池原特有の下に下に突っ込むファイト。
エアがなるべく噛まないように慎重にやり取り。
上がってきたのはキロフィッシュ。
アンクルミノーを丸呑みでした。

2匹目を釣ってからは弱らないようにバスのケアを重点的にしました。
結果2本1762g。

14位でした。
5位から14位までの差が400gという混戦。
リミットメイクさえ出来てればなんてタラレバですが思います。
1戦目、2戦目と苦しいながらもポイントGET。
年間も7位とまだまだ狙える位置にいます。
すぐ下もすごく僅差なので気を抜けない状況です。
次戦も気を抜かず全力で勝負してきます。

 

 

TOP OF THIS PAGE