HOME < Field Report < Field News

DATE 2019.06.15
【ヒットルアー】 イールクローラー 5.5inch
hit lure
#S-309 ウォーターメロンペッパー/ホワイトベリー
Length:5.5inch class
FIELD 宮崎県・野尻湖 NBCチャプター宮崎第3戦、4位
WEATHER 晴れ
WIND 南東の風
HIT LURE イールクローラー 5.5inch
Suppor Staff 大久保 一紀
イールクローラー5.5インチでNBCチャプター宮崎第4位!!
image
image
・プラクティス
2週間前と前日に入りました。
今年の野尻湖は産卵期の大潮のタイミングで、大減水を繰り返していたのかわかりませんが、だらだら産卵してる感じがしました。
なので、プリプラクティスから前日練習までサイトで見つけてその周りにいる産卵後のメスの動きをチェックしてました。
メスも回復系なのか、産卵直後なのかでポジションが違っててワンド内の周りにいるメスは回復系でした。
下流の本流沿いのスポーニングエリアのすぐ近くの立木にいるメスは産卵直後なイメージを感じてました。
2週間前にサイトで確認できてたエリアは戸崎川の上流部で50cmぐらいのバスを頭に結構いました。
前日は椎屋大橋横のワンドにいるオスを1本だけですが確認できました。
また、下流域の立木でアンクルゴビー3インチダウンショットで、50cm(1600g)の産卵直後のメスを釣ってしまいました。
様々なルアーを投げてましたが反応が良かったのはライトリグでした。
サイト用はアンクルゴビー3インチのダウンショット(マスバリ)とイールクローラー5.5インチのネコリグです。
立木用はアンクルゴビー3インチのダウンショット(オフセットフック)です。

・大会当日
今回のプランは、
①椎屋大橋横のワンドにいるメスとオスを釣る。
②下流域のスポーニングエリアの近くのブレイクにある立木にサスペンドするメスを釣る。
③戸崎川の上流域のスポーニングエリアの近くの急深エリアのレイダウンにサスペンドするバスを釣る。
①②③を順番に回ります。
練習中からいい状況とは言えないのでルアー的にはライトリグ中心になります。

朝は予定通り椎屋大橋横のワンドに向かいましたが、ワンドにいたバスがいなくなってます。
居ると信じて周りにいるであろうメスをイールクローラー5.5インチ(ウォーターメロンペッパー/ホワイトベリー)1/20ozのネコリグで、ゆっくり岸と平行に泳がせているとバイト。
フッキングと同時に縦横無尽に走り回り、カバーを良く知っているバスのようで何度も入ろうとしますが、エクスレッドの4ポンドで引きずりだして無事ランディング成功。
48cm(1600g)、産卵後の回復系のメスでした。
その後はバイトが止まってしまったので②のパターンにシフトします。
前日練習で50cm(1600g)を釣った立木で、320gが釣れただけで時間だけが過ぎていきます。
キーパーが揃わないと朝の1600gのメスが無駄になってしまうので、③の戸崎川の上流域にエレキ全開で揃えに行きました。
プライベートで釣りしてる方も多く場所に苦労しましたが、レイダウンをイールクローラー5.5インチ(ウォーターメロンペッパー/ホワイトベリー)の1/20ozネコリグで丁寧に釣って、530gを釣りリミットが揃ってひと安心。
結果、3本、2490g、4位でした。
厳しい大会でしたが、イールクローラー5.5インチ(ウォーターメロンペッパー/ホワイトベリー)に助けてもらいました。
第2戦で転落した年間成績も3位まで巻き返しできました。
これからの季節、イールクローラーのネコリグの反応が良くなってきます。
使ってみてください。

 

 

TOP OF THIS PAGE